山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号526 タイトル:菓子売り(ブンマワシ)

最終更新日:
 
526
(解説文要約)
明治時代(1900年頃)、炭坑に来ていた菓子売りを描いた作品です。
一回一銭で時計のように棒を回し、線の上に止まれば景品のお菓子がもらえます。線の太さは8ミリ程度。棒の先には針がぶら下げられていて、正確さを出していました。
お菓子はカルメラに似た砂糖菓子でした。
左上に描かれているのは、同じお菓子を景品としたくじ引きです。
どちらもずいぶん盛り上がっていたようです。
 

This is an illustration depicting a sweets seller visiting a coal mine around 1900.
Customers would spin a stick on the roulette like a game board, and if the stick stopped on a colored line,
they would earn a sweet as a prize.
The thickness of the line was about 8mm, and to be accurate, it had a needle hanging off the end of the stick.
The prize snack was a sweet made of confection sugar, somewhat like a toffee.
The picture illustrated in the left circle is another kind of lottery game with the same prize.
Both were very popular among miners.
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4334)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa