山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号516 タイトル:ラッパ節

最終更新日:
 
516
(解説文要約)
明治37年末から大正初期にかけてラッパ節というものがはやりました。
---日本語のみ---
「十円札と五円札、どちらが良いかと問うたれば 
忠臣蔵の義士の紋 二つ巴が良いわいな~トコトットコトー。 
------------------
つまり、ナゾカケなどのシャレ唄の様なものです。
随分のどかな庶民文化ですが、この当時、日本は日露戦争の中にありました。

At the beginning of the 20th century, chants called Rappa-bushi gained popularity.
People enjoyed the riddles and rhythm of the sing-song chants.
While sounding like a peaceful past time, Japan was actually in the middle of the Russo-Japan war.


このページに関する
お問い合わせは
(ID:4332)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa