山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号515 タイトル:天長節

最終更新日:
 
515
(解説文要約)
11月3日は天長節(てんちょうせつ)と呼ばれる明治天皇の誕生日でした。
明治43年の天長節、官営八幡製鉄所二瀬出張所では豪華な祝賀会が開かれました。
人々を驚かせたのは、高さ6メートルの加藤清正とトラ。
トラの目には電灯が入れ込まれていて、清正がヤリを突けば、トラは立ち上がり大きな声で吠えました。
トラの声は電気サイレンで、遠く上三緒炭坑まで響いたそうです。

 
 
Known as Tenchosetsu, November 3rd is the Meiji Emperor’s birthday. 
In 1910, the government owned Futase Branch of Yahata Ironworks Company held a grand celebration for the event. 
Among the assorted decorated dolls the most astounding was that of a six meter high samurai, Kiyomasa Kato, and a fighting tiger. 
When the samurai stabbed the tiger it stood up and its electric light bulb eyes lit up. It also let out a deafening roar.
The roar was actually an electric siren that could be heard up to six kilometers away at the Kamimio Pit.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4331)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa