山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号508 タイトル:絵の描き始め

最終更新日:
 
508
(解説文要約)
作兵衛翁の絵の描き始めは8歳でした。
最初に描いたのは、明治33年5月5日、弟の初節句の時に飾った兜人形でした。
兜人形は、土を固めた粗末なものでしたが、色が美しかったと作兵衛翁は述べています。
 
 
 
 

When Sakubei was 8 years old, he started to draw pictures.
The very first picture he drew, was a doll of a Samurai in full armor.
This doll was given to Sakubei’s younger brother on May 5th, 1900 celebrating his first Boy’s day ceremony.
‘It was a simple doll made of clay, but the color was beautiful,’ Sakubei recalls of his memory in this text.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:3914)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa