山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号443 タイトル:魚釣り

最終更新日:
 
443
(解説文要約)
嘉麻川は、川魚も豊富で、子どもたちは魚釣りで大喜び。
お母さんも鍋を用意して子どもたちの帰りを待っていたようです。
しかし、明治41年から嘉麻川の改修工事が始まり、
しかも大正になると、石炭交じりの黒い水が嘉麻川に流れ込み、魚どころか生物は死滅してしまいます。
 
 
 

The construction work at Kama River started in 1908, and two years later, black polluted water started to pour into the river from coal mines.
This destroyed not only fish, but all living creatures in the river.
Until this time, the river was abundant with fish and children enjoyed fishing. 
Mothers awaited their children and their catch by preparing pots of hot water to cook the fish in.
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3906)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa