山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号358 タイトル:筑豊のヤマの蒸気ポンプ

最終更新日:
 
358
(解説文要約)
明治・大正時代、住友忠隈(ただくま)炭坑に超大型の蒸気ポンプがありました。
ピストンは直径1.75メートルもありました。
ボイラーも高圧でなくてはいけません。
忠隈抗と上三緒(かみみお)坑ではドイツ製のボイラーを数台使用していたようです。
この作品に描かれているウォーシントンポンプは、最大・最強のスチームポンプでした。

 
 
Illustrated in this picture is the ‘Worthington pump,’ which Sumitomo Tadakuma Pit owned around 1900.
This was the largest and strongest pump known for the time boasting pistons of up to 1.75 meters in diameter. 
To operate this enormous pump, the boiler had to use extreme high pressure. 
The Tadakuma and Kamimio pit used boilers made in Germany.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:3898)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa