山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号338 タイトル:仕繰と道具

最終更新日:
 
338
(解説文要約)
坑道の保全工事や修理をすることを仕繰(しくり)と言います。
そして、その仕事をする人を仕繰方(しくりかた)と言います。
右下に描かれているのは仕繰方の道具です。
しかし、この道具をすべて揃えている仕繰方はめったにいなかったようです。
1は間枠(まわく)。古くなった枠と枠の間に新たに補強として入れる枠です。
2は人形枠(にんぎょうわく)。通常、穴を掘って柱を立てますが、人形枠は穴を掘らずに立てます。
3は差込枠(さしこみわく)。柱が二本ではなく、片方は壁に穴をあけて梁を支える枠です。
 
Shikuri, is a term referring to the maintenance and repair work of coal mine drives, and this is why the coal mine repairmen are called Shikurikata.
Illustrated in the biggest circle are tools which Shikurikata used.
However, repairmen seldom possessed a complete set of tools.
Illustrations drawn in the smaller circles describe the types of frames Shikurikata used.
No. 1:  This cribbing is called Mawaku.
New frames were inserted between old frames as reinforcement.
No. 2: This cribbing is called Ningyo-waku.
Usually, pillars were set in a dug hole, but these Ningyo-waku were set without digging one.
No. 3: This cribbing is called Sashikomiwaku.
One end of a beam was inserted into a hole dug on one side of a wall, and the other end was supported by a pillar.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:3895)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa