山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号428 タイトル:汽缶場

最終更新日:
 
428
(解説文要約)
明治時代、炭坑のシンボルは煙突でした。
それは、炭車の巻上げ、排水ポンプなど、すべての動力として蒸気が使われていたからです。
煙突のもとではカマタキ、つまりボイラーマンが暑さと戦いながら石炭を燃やします。
大正時代に、多くの炭坑が電化されますが、停電が多いため、蒸気動力も併用して使われていました。
ボイラーが姿を消すのは昭和に入ってからでした。

 
 
Around 1900, steam engines were the main power supply used to run all engines from coal car winches to drainage pipes.
Fuming chimney stacks became the symbol of all coal mines.
At the foot of these chimneys, boiler workers endured the heat of the burning coal required to run these engines.
From around 1912 to 1925, most collieries introduced electricity. 
However, its supply was unstable and frequent blackouts occurred.
Steam engines still reigned until around 1926 when boilers eventually got phased out from coal mines by electric engine use.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:3883)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa