山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号422 タイトル:間取り=ケンドリ

最終更新日:
 
422
(解説文要約)
明治中期には一か月に二回、間取り(けんどり)がありました。
間取りとは請負作業の点検であり、当日は坑長が入坑するところもありました。
担当者は忙しく、悪い所があれば説教をされます。
ヤマの規格としては、本線坑道、排気卸、人道卸と三つの坑口が必要でした。
昭和20年以降、巻卸には30メートルごとに避難所を作ることが必要となりました。

 
 
From around 1900, companies began official mine inspections twice monthly known as Kendori. 
Colliery managers measured the work done by contractors.
The men in charge often found themselves very busy on these inspection days. 
Colliery managers reprimanded contract mangers if they found things unsatisfactory. 
All standard coal mines were required to have three pit openings:  one, for the main drive: two, a return air way; and three, a footpath for miners. 
From 1945 safety shelter every 30 meters became mandatory as well.


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3881)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa