山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号421 タイトル:火番

最終更新日:
 
421
(解説文要約)

明治の中ごろから大正時代にかけて坑内に火番(ひばん)という場所がありました。
有料で、安全灯の掃除やタバコのサービスをしていました。
この火番ができる前までは、各自タバコとキセルを持ち込んでいましたが、

ガスへの引火の恐れがあり禁止されます。
この火番、現在でいえば喫煙所の様なもので、大勢が集まり色々な雑談に花を咲かせていました。
火番は通気の良い安全地帯に設けられていました。

 


This illustration shows a shop called Hiban, which was actually located in the coal mines from around 1900.
They sold cigarettes and cleaned safety lights for a fee.
Before the Hiban, miners would bring their own cigarettes and smoking pipes into the coal mines,

but because of the danger of gas explosion, companies prohibited this and instead, introduced Hiban shops.
These Hiban shops resembled something like a designated smoking area, where workers gathered and enjoyed small talk. 
Hiban were located in well ventilated areas to prevent any possible explosions.

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3880)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa