山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号487 タイトル:縁起

最終更新日:
 
487
(解説文要約)
炭坑は地下の作業である関係上、縁起を担ぐことは多かったようです。
この作品に描かれている、笛・拍手・ほおかぶりは音に関する、よくないとされる行為です。
笛や口笛は、事故を知らせる竹笛に似ている。
拍手は坑木などがきしむ音に似ている。
ほおかぶりは、きしみ音などの危険音を聞こえなくさせてしまう。
そして、炭坑の人々はサルをきらっていました。
「命が去る」の「去る」と同音だったからという説もあります。
 
Miners tended to be superstitious because of how dangerous it was to work underground.
The four illustrations depict things or activities that were believed to be bad omens.
Blowing flutes or pipes, clapping hands and covering their heads were taboos regarding sounds.
The sound of a pipe or a whistle reminded the miners of an alarm announcing accidents.
Hand clapping sounded like the creaking sound of a mine’s wood frame.
Wearing a hood hindered them from hearing creaking sounds or signs of danger.
Miners also detested Saru:  monkeys.
“Saru” in Japanese has another meaning, “to depart,” alluding to Death--to depart from this world.


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3864)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa