山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号478 タイトル:骨噛み

最終更新日:
 
478
(解説文要約)
昔の炭坑の人々は、同僚・知人、誰彼の区別なく、
葬式に関すること、会葬することを「ほねがみ」といっていました。
たとえば、「今日はだれだれさんのほねがみで仕事を休みます」という使い方です。
「しかし、本当に骨を噛むことはありません」と作兵衛翁は結んでいます。
 
 
 
 
Miners in the old days referred to “Honegami”, as all matters concerning funerals or the actual attendance of a funeral—no matter if the deceased was a work colleague, acquaintance or stranger.
In Japanese, Hone means “bones” and gami means “to bite”, therefore Honegami, literally means “biting bones”.
For example, miners used this phrase in a comment such as “I’m taking a day off because of someone’s Honegami.”
“But of course, this does not mean they are actually going to chew on someone’s bones,” Sakubei jokingly explains in his text.

 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:3863)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa