山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号383 タイトル:マキタテ

最終更新日:
 
383
(解説文要約)
坑外から直通する傾斜した主要運搬坑道は、それぞれの採炭現場へと分かれていきます。
その枝分かれした場所に空の炭車が坑外から入ってくると、ロープを外します。
空の炭車はロープを外せば、傾斜で自走していきます。
逆に、石炭を積んだ炭車は、ロープをつなぎ坑外へと捲揚げるのです。
中規模以上のヤマでは炭車の振り分けを行う、坑内棹取と呼ばれる労働者がいました。

 
 
From the main transportation drive sloping down from the pit entrance, cars descended to the many branches of the mine. 
At each diverging point, full coal cars were connected to a winch and pulled out and upward toward the outside. 
At the same time, empty coal cars connected to this pulley system descended down to be loaded.
Once they are disconnected, they will spontaneously go down the slope. 
Transportation men called Saodori, over saw the operation of these coal cars in medium and major sized mines.
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3858)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa