山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号540 タイトル:春駒

最終更新日:
 
540
(解説文要約)
炭坑も正月は3日までお休みでした。
正月になると、春駒(はるこま)芸の芸人が訪れていました。
鈴と鳴板を持ち「めでたい、めでたい」と歌いながら各家庭を回ります。
腰を振ると、馬の頭と尻尾が揺れます。各家庭からたくさんのお餅をもらいます。
この馬は蹴らないので、絵のように子どもも近くでおともができました。

 
 
Miners enjoyed the New Year holiday until January 3rd. 
During this time off, Harukoma, a dancing fake horse performer would visit all of the houses in the dwelling. 
He brought good luck by singing, ‘Medetai! Medtai!’ and ringing bells and flapping sound boards with his hands.
The entertainer would wiggle his hips so the fake horse’s head and rump would bob up and down comically.
Working close to exhaustion, the entertainer received rice cakes in return for his labors. 
Seeing as this horse never bucked, children tagged closely behind him.
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3838)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa