山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号472 タイトル:大納屋と飯場

最終更新日:
 
472
(解説文要約)
明治時代の炭坑には納屋頭が仕事を請け負う、納屋制度というものがありました。
納屋は一戸建てが多く、炭坑を渡り歩く独身の者が寝泊りしていました。
納屋に寝泊りする独身者には、年中フンドシ一つで暮らす者もいたそうです。

 
 
 
 
In the time around 1900, a system called Naya-Seido existed.
In this system, a house master for each Naya, the coal miner’s housing, would be in charge of a group of bachelors living under one roof, who he then contracted out to the mining company. 
These dwellings were detached unlike other mining housing. 
These single men often wandered from mine to mine looking for work.
Clothed only with a Fundoshi , a traditional underwear for men, they spent most of the year naked much like the man pictured in the middle of the illustration.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:3833)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa