山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号317 タイトル:切羽 入口=イレクチ

最終更新日:
 
317
(解説文要約)
新しい場所で石炭を掘り始めるとき、先山(さきやま)は苦労しますが、後山(あとやま)は楽をします。
新しい場所はまだ狭く、固い石もあって掘りにくい反面、
そのまま炭車に石炭を積めるので運ぶ距離が短くてすむからです。

 
 
 
 
Breaking the new coal from the entrance of the mine shaft was hard labor for the Sakiyama.
The entrance was quite narrow, and the face difficult to mine because of hard rocks.
The Atoyama, however, had things much easier.
They could directly scoop the coal into a skip and have a very short distance to carry it, making it the easiest of work.
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3824)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa