山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号311 タイトル:勇婦の切出し(KIRIDASHI)

最終更新日:
 
311
(解説文要約)
採炭は、夫婦などでペアを組んで行っていました。
このペアをヒトサキ(ひとさき)、またはサシ(さし)と呼びます。
しかし先山(さきやま)が急に休む時などに、一人で作業する勇敢な女性もいました。
このように中小炭坑では、採炭と運搬を一人でこなすこともありました。

 
 
 
Mining work took place in pairs, known as Hitosaki or Sashi. 
Husband and wife pairs often worked the mines together.
Males took the role of Sakiyama, in charge of the digging, while the women, the Atoyama, carried the coal out of the mine.
When for some reason the Sakiyama could not make it to the mines, the women assumed both roles braving the hard work alone. 
In small and medium mines it was not uncommon to see one person excavating and carrying the coal out entirely by oneself.


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3822)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa