山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号309 タイトル:入坑姿 採炭夫

最終更新日:
 
309
(解説文要約)
明治30年から40年頃の、中小炭坑の入坑風景です。
カンテラと呼ばれる裸火を持っています。
入坑時間を朝3時と決めていても、時間を守らない自由さが昔の炭坑にはありました。
この作品には、採炭をする先山(さきやま)と運搬をする後山(あとやま)の二人が描かれていますが、
先山が採炭を始めても、すぐには運び出すほどの石炭が出ないため、
後山は家事をすませ、遅れて入坑するのが普通でした。
 

This painting depicts miners entering one of the small or medium sized coal mines around 1900.
They are carrying open flame lanterns called Kantera.
Although the work day generally started at 3 o’clock in the morning, the miners were free to decide their own working hours in the early days.
In this painting we see both the Sakiyama and Aoyama, but it wasn’t uncommon for the Sakiyama to enter the pit first and begin working.
There was no coal to be carried out, so the Atoyama often took care of household chores then went to the mines.
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3819)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa