山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号530 タイトル:発音器(蓄音機)

最終更新日:
 
530
(解説文要約)
明治32年頃、炭坑の住宅街に蓄音機で唄を聞かせに来る商売人がいました。
ヤマの人々は珍しがり聴く人が多くいました。
初めは、朝顔形のラッパで音を出して客を集め、
客が集まると聴診器の様なゴム管を耳にあてて唄を聞かせます。
一回がおよそ5分で2銭。子どもにはとても手が出せない金額でした。

 
 
Around 1900, merchants visited residential areas to share music with people from a phonograph.
Many miners were curious to listen.
In order to lure people in, merchants first played music using a morning glory shaped horn. 
Once the customers gathered, merchants charged 2-sen, 0.02 yen in the current rate,
for 5 minutes to listen through a rubber tube like a stethoscope. 
Children in this picture seem very interested but it was too pricey for them.
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3817)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa