山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号524 タイトル:ノゾキ

最終更新日:
 
524
(解説文要約)
明治32年頃のヤマにやって来る商売人の様子を描いた作品です。
当時、炭坑には月に一度、休みの日がありました。その日は給料日でもありました。
この日をあてこんで色々な商売人がやってきます。中でも最も派手だったのがノゾキでした。
大人2銭、子ども1銭で、語り手の話を聞きながらガラスレンズをのぞき、中の絵を見ます。
絵は15枚から20枚くらい入れ替わりました。
この日の出し物は、明治12年の集団殺人事件のお話。
語り手は竹棒で棚をたたきながら節をつけてみんなをあおります。
 
This painting depicts a scene of merchants visiting a coal mine, around 1900.
On the one day off a month the miners enjoyed, merchants visited the mining area as it was also the miners’ pay day.
The most popular attraction of the time: a peeping play, called Nozoki. 
For 2-sen, 0.02yen in the current rate, adults, and children for half price,
could peek into a glass lens and watch a 15 to 20 minute slide picture show, while men animatedly told about them. 
This particular show illustrated told of a mass murder that actually happened in 1879. 
Using bamboo sticks to wrap on the stage while narrating, the men set the timing for a fast paced, entertaining show.

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3816)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa