山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号440 タイトル:入浴

最終更新日:
 

図録番号440 タイトル:入浴

440
(解説文要約)
昔の炭坑の風呂は男女混浴でした。
水は坑内より汲み上げたものだったため、蒸気ポンプのシリンダー油が混じり、
金属臭がつよく、ドロドロとしていました。
しかも、石炭がついた体を洗いもせず飛び込む者もいるし、
浴槽内で石鹸を使う者もいるし、ひどく汚れた湯だったようです。

 
 
Men and women had no separate baths.
They all bathed together using water pumped from the pit, which often contained cylinder oil from the pumps making it sticky and causing a strong metallic odor. 
Some miners jumped directly into the bath without rinsing the coal from their bodies. 
Others used soap in the bath liberally. 
This resulted in terribly black, dirty hot water.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:3813)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa