山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号382 タイトル:函なぐれ

最終更新日:
 
382
(解説文要約)
石炭を積むための空の函つまり空の炭車が回されて来ない時は、石炭を運搬する作業ができませんでした。
このことをハコナグレといいます。
ハコナグレしないヤマは珍しく、空の炭車が何時間も来ず、坑内で16時間以上待つこともあったようです。
採炭現場で働けば汗がでますが、炭車を待っている時間が長いと寒くなります。
初めのうちは雑談で盛り上がりますが、待ち時間が長くなると皆退屈していました。

 
 
When there were shortages of skips on the coal mining line,
the production line came to a stand still, forcing the workers to wait for empty skips. 
Known as Hakonagure, miners endured waits of up to 16 hours or more. 
Working in the coal mine was typically hot and sweaty, but during these Hakonagure times the workers got very cold. 
Workers enjoyed small talk, but as the long wait went by, boredom ensued.
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3807)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa