山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号380 タイトル:後山(姉弟)

最終更新日:
 
380
(解説文要約)
明治中期の炭坑は7、8歳の子どもでも坑内に下がっていました。
石炭は通常、家族、あるいは他人でも大人二人一組で、一日2トン半くらい掘っていました。
この作品には、子どもたちが、石炭をスラから炭車に積みかえる場面が描かれています。
やはり子どもなので、幼い兄弟二人合わせて一人前です。

 
 
 
Around 1900, there were children as young as 7 or 8 years old, going down into the pits to help with the family earnings.
Coal miners often worked in a pair of adults, typically family members, but not exclusively.
These teams mined approximately 2 and a half tons of coal a day.
This is a picture of a young brother and sister working as a team, transferring coal from a Sura to a skip.
Because they are still children, they are considered only one of the adult pair.


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3806)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa