山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号327 タイトル:マイト孔刳り(アナクリ)

最終更新日:
 
327
(解説文要約)

明治中期のダイナマイトを仕掛ける穴を掘る作業の様子です。

岩盤の質に応じて様々な形状の工具が使われていました。

当時、伊予(現在の愛媛県)の銅山から、多くの技術者が筑豊の炭坑に来ていました。

彼らは、優れた技術を身に着けた熟練者で、難しい場所で活躍しました。

行儀よく、入れ墨も入れず、お互いを助け合う制度をつくっていました。

  

 

 

Dated around 1900, this painting illustrates miners excavating holes to insert dynamites for blasting.

Various shaped chisels were used depending on the composition of the rocks.

During this time, technical experts moved from the copper mines of Iyo, present day Ehime Prefecture, to work in the Chikuho coal mines. 

Their technical expertise was much sought after. 

These experts behaved politely, had no body tattoos, and had a mutual support network to help one another in need.
 



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3801)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa