山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号308 タイトル:寝掘り

最終更新日:
 
308
(解説文要約)
石炭層が45センチぐらいあると座って掘りますが、それより薄い石炭層は寝て掘ります。
しかし、筑豊ではこのような薄い石炭層は少なかったようです。
あっても、効率が悪いので採炭しなかったと作兵衛翁は記しています。
 
 
 
 

When the coal bed was as high as 45 cm, miners often worked in a squatting position.
Anything lower than 45 cm forced miners to crawl to mine. 
However, in the Chikuho region there were very few of these low seam shafts. 
Sakubei records that the output of these low beds discouraged the mining of them.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:3800)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa