田川市総合トップへ

飼い主のいない猫について

最終更新日:
 

飼い主のいない猫について

 

地域猫活動をご存知ですか?

 地域猫活動は、「猫を助けたい方」と「猫に困っている方」が、飼い主のいない猫に関する問題を地域の共通課題として
捉え、お互いの歩み寄りにより地域住民の間で合意し、長期的な視点で地域から飼い主のいない猫を減らしていくことを目的
としています。
 地域にお住まいの活動を行おうとする住民(活動グループ)が主体となって不妊去勢手術や一定のルールに基づいた餌やり、
トイレの管理などを行うことにより、猫による生活環境被害を軽減しつつ、猫に一代限りの生を全うさせ、数年かけて地域から
野良猫を減らしていく環境美化のための取組みです。
 
 

具体的な活動内容

 ・不妊去勢手術
  猫は年に2~4回出産し、一回に4~8匹程度の子を生みます。不幸な子猫を増やさないためにも、不妊去勢手術をする必要が
 あります。野良猫を保護し、動物病院で不妊去勢手術を実施し、手術済みであることがわかるよう耳先を少しカットして、健康状態を
 確認してから元の場所に戻します。
 
 ・餌、トイレの管理
  餌は、毎日定時に給餌し、給餌後は速やかに餌の残り及び餌の容器を撤去します。衛生的に保つため、餌の容器はその都度洗います。餌の
 放置は、別の猫や野生動物・衛生害虫が集まり、悪臭の要因になるので絶対にしてはいけません。
  トイレは、プランターに砂や土などを入れて作ります。管理する猫の数+1個のトイレを決められた場所に設置し、1日に1~2回トイレの
 清掃、砂等の入れ替えを行います。
 
 詳しくは福岡県作成の地域猫活動ガイドライン、福岡県ホームページをご覧ください。

  

  福岡県ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

野良猫の不妊去勢手術に対する支援

 

福岡県獣医師会による「あすなろ猫事業」

 福岡県獣医師会では、飼い主のいない猫に対する不妊去勢手術を行っており、メス1頭につき10,000円(税別)、オス1頭につき5,000円(税別)
の自己負担額で手術を受けることができます。
 詳細については、福岡県獣医師会のホームページをご覧ください。

  

 

さくらねこ無料不妊手術事業

 公益社団法人どうぶつ基金が「さくらねこ無料不妊手術事業(TNR地域集中プロジェクト)」を令和3年4月から令和4年3月まで福岡県

で集中的に実施されることになり、筑後市内に手術会場が設けられています。

 ※TNRとは、TRAP(捕まえる)、NEUTER(不妊・去勢手術)、RETURN(元の場所に戻す)を略したものです。

 どうぶつ基金は、飼い主のいない猫を原因とする生活環境被害の軽減と猫の殺処分ゼロの早期実現のために、TNR活動とその普及啓発

に取り組んでいます。そして、TNR活動の支援として飼い主がいない猫や多頭飼育崩壊救済および多頭飼育崩壊を予防するための不妊去勢手術、

混合ワクチン、ノミダニ駆除薬投与を無料で実施しています。
 詳細については、どうぶつ基金ホームページをご覧ください。

 
 

福岡県動物愛護センター

 福岡県動物愛護センターでは、猫・犬の譲渡、猫や犬の飼い方相談、愛護教室などを行ってます。
詳細については、福岡県動物愛護センターホームページをご覧ください。
 
 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:7532)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa