田川市総合トップへ

福岡県感染拡大防止協力金についてのお知らせ【第10期・第11期・第12期・第13期】

最終更新日:


   福岡県では、緊急事態宣言に伴う要請に応じて、営業時間短縮を行った要請対象施設を運営する事業者の皆様に、

  福岡県感染拡大防止協力金の給付を行っています。

   福岡県感染拡大防止協力金は、課税対象になります。その他収入と合わせて申告が必要です。

  詳細については、管轄の税務署までお問い合わせください。


   【第10期】,【第11期】の申請から、申請状況の確認ができるようになりました、こちらでご確認ください。

   

   【第10期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら

   【第11期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら

   【第12期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら

   【第13期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら

  

   過去の福岡県感染拡大防止協力金については以下をご覧ください。

   【第1期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第2期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第3期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第4期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第5期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第6期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第7期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第8期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第9期】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第10期(先渡給付)】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第11期(先渡給付)】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第12期(先渡給付)】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

   【第13期(先渡給付)】福岡県感染拡大防止協力金については、こちら  → 申請受付は終了しました。

 

 

目次



1 要請の対象施設                                     目次へ


   飲食店営業許可・喫茶店営業許可を得ている施設が対象です。

   ※設備を設けて客に飲食をさせる営業を行う露店営業(屋台)は要請の対象です。

    

   次の施設は、飲食店営業許可・喫茶店営業許可を得ている施設であっても要請の対象外です。

    ネットカフェ、漫画喫茶、宅配・テイクアウト専門、キッチンカー、スーパーやコンビニのイートインスペース、

    自動販売機、ホテル等の宿泊施設において宿泊客のみに飲食を提供する場合の飲食施設、結婚式場、葬儀場


   ==================================================

    ※【第11期】,【第12期】では、「飲食店営業許可を受けていないカラオケ店」は要請の対象です。

   ==================================================



2 要請期間                                        目次へ


   【第10期】令和3年8月1日(日曜日)0時から8月19日(木曜日)24時まで

        ※8月1日は福岡コロナ警報期間、8月2日から8月19日まではまん延防止等重点措置期間

        ※やむを得ない理由がある場合、8月5日までに要請に応じた方が対象

        ※8月2日から8月4日の移行準備期間に「まん延防止重点措置期間の要請」に応じられなかった場合で、

         8月1日から引続き「福岡県コロナ警報期間の要請」に応じ、8月5日から「まん延防止重点措置期間の要請」に応じた場合は、

         協力金を支給します。


   【第11期】令和3年8月20日(金曜日)0時から9月12日(日曜日)24時まで

        ※8月20日から応じられなかった場合、8月20日以降、引き続き【第10期】の要請に応じ、8月23日までに要請に応じた方が対象


   【第12期】令和3年9月13日(月曜日)0時から9月30日(木曜日)24時まで

        ※9月13日から9月30日の全ての期間に営業時間短縮等の要請に応じた方が対象


   【第13期】令和3年10月1日(金曜日)0時から10月14日(木曜日)24時まで

     

 

3 要請内容                                        目次へ


   【第10期】

     ●福岡コロナ警報期間(8月1日)

      (1) 営業時間を5時から21時までの間とすること。 ※もとの営業時間が5時から21時までの間である店舗は対象外

      (2) 酒類提供は11時からとし、オーダーストップは20時30分までとすること。

      (3) カラオケ喫茶やスナック等(カラオケボックスを除く)のカラオケ設備の利用自粛


     ●まん延防止等重点措置期間(8月2日から8月19日まで)

      (1) 営業時間を5時から21時までの間とすること。※もとの営業時間が5時から21時までの間である店舗は対象外

      (2) 酒類提供時間は11時から、オーダーストップは20時までとすること。

        ※酒類の提供は、業種別ガイドラインを遵守し、福岡県の「感染防止宣言ステッカー」別ウィンドウで開きます(申請はこちら)の掲示店に限る。

        ※利用客に酒類を提供する場合は、4人以下のグループに限ること。

      (3) カラオケ喫茶やスナック等(カラオケボックスを除く)のカラオケ設備の利用自粛



   【第11期】,【第12期】

     ●酒類またはカラオケ設備を提供する飲食店等(カラオケボックスや酒類持込みを認めている飲食店を含む。)   

      (1)または(2)のいずれかに応じること。  

       (1) 休業すること。

       (2) 酒類及びカラオケ設備の提供を取り止めて営業時間を営業時間を5時から20時までの間とすること。

          ※もとの営業時間が5時から20時までの間である店舗は対象外


     ●酒類及びカラオケ設備を提供しない飲食店等

       営業時間を5時から20時までの間とすること。※もとの営業時間が5時から20時までの間である店舗は対象外



   【第13期】※要請期間中に認証を取得した店舗は、取得の翌日から「感染防止認証店」の対象となります。

     ●感染防止認証店

      (1) 営業時間を5時から21時までの間とすること。※もとの営業時間が5時から21時までの間である店舗は対象外

      (2) 酒類の提供時間は11時からとし、オーダーストップは20時30分までとすること。

      (3) 福岡県から交付を受けた「感染防止認証マーク(金色)」を店外の利用者の見える場所に掲示し、

        認証書は店舗内の利用者の見える場所に掲示すること。

        ※感染防止認証マークは、感染防止宣言ステッカーでは代用できません。

      (4) 酒類の提供を行う場合は、同一グループの同テーブルへの入店案内は、原則4人以内とすること。

      (5) 飲食を主として業としている店舗(スナック、カラオケ喫茶等)において、カラオケを行う設備を提供している場合、

        当該設備の利用を自粛すること。(カラオケボックスは対象外)


     ●感染防止認証店以外

      (1) 営業時間を5時から20時までの間とすること。※もとの営業時間が5時から20時までの間である店舗は対象外

      (2) 酒類の提供時間は11時からとし、オーダーストップは19時30分までとすること。

      (3) 酒類の提供を行う場合は、同一グループの同テーブルへの入店案内は、原則4人以内とすること。

      (4) 飲食を主として業としている店舗(スナック、カラオケ喫茶等)において、カラオケを行う設備を提供している場合、

        当該設備の利用を自粛すること。(カラオケボックスは対象外)


 

4 給付額                                         目次へ

   先渡給付を受けている場合は、本申請の給付額の合計額から先渡給付額を差し引いた金額が振り込まれます。

 

  【第10期】

     1日当たり給付額×19日間

  

   【第11期】

     1日当たり給付額(※)×24日間+8月及び9月の家賃月額×3分の2(各月上限20万円)

     ※8月20日から【第10期】の要請に応じているまでの間(最長8月22日まで)は、【第10期】と同じ


   【第12期】

     1日当たり給付額(※)×18日間+9月の家賃月額×3分の2(各月上限20万円)

     ※【第11期】で9月の家賃月額の3分の2(上限20万円)を加算済みの場合は【第12期】では加算されません。


   【第13期】

     1日当たり給付額×14日間

     ※もとの営業時間が21時までの店舗が要請期間中に認証を取得し、営業時間短縮要請の対象外となった場合は、

      取得日までの協力金が日割で給付されます。

   

  -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


  (1) 中小企業(売上高方式)※個人事業主を含む。

    飲食業:資本金等の額が5,000万円以下の会社または常時使用する従業員の数が50人以下の会社および個人

    カラオケなどのサービス業:資本金等の額が5,000万円以下の会社または常時使用する従業員の数が100人以下の会社および個人

    ※中小企業に該当する方は、売上高減少額方式を選択することもできます。


  【第10期】,【第13期】

    (ア) 1日当たり売上高が8万3,333円以下」      の場合、1日当たり給付額は「2万5千円」

    (イ) 1日当たり売上高が「8万3,333円超25万円未満」 の場合、1日当たり給付額は「1日あたり売上高の3割」

    (ウ) 1日当たり売上高が「25万円以上」        の場合、1日当たり給付額は「7万5千円」


  【第11期】,【第12期】

    (ア) 1日当たり売上高が10万円以下」          の場合、1日当たり給付額は「4万円」

    (イ) 1日当たり売上高が「10万円超25万円未満」     の場合、1日当たり給付額は「1日あたり売上高の4割」

    (ウ) 1日当たり売上高が「25万円以上」        の場合、1日当たり給付額は「10万円」


  -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


  (2) 大企業(売上高減少額方式)

    「中小企業に該当しない会社」または「みなし大企業」

     1日当たりの給付額は、「1日当たり売上高減少額の4割」となります。

    

     ※給付額の上限は以下のとおりです。

     【第10期】,【第13期】→「上限20万円」または「1日当たり売上高の3割」のいずれか低い額

     【第11期】,【第12期】→「上限20万円」

         

  -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


  【1日あたり売上高】

    前年度または前々年度の確定申告書の控え等に記載された時短要請月と同じ月の飲食部門の売上高(※)÷当該月の日数

    ※不明の場合は飲食部門の年間売上高÷365(または366)


  【1日あたり売上高減少額】

    (前年度または前々年度の確定申告書の控え等に記載された時短要請月と同じ月の飲食部門の売上高

                               ー当該年度の時短要請月の飲食部門の売上高)÷当該月の日数


  ==========================================================

   ※1日当たり売上高(飲食業)は、消費税・地方消費税を除いた額となります。

    提出書類の売上高が消費税・地方消費税込みで記載されている場合は、消費税・地方消費税を除いた金額がわかる書類を

    別途作成して提出してください。

  ==========================================================


 

5 給付要件                                        目次へ

   【第10期】から【第13期】の給付要件確認フローチャートは以下の通りです。

  (1) 福岡県内において、以下の時間帯に営業を行っている店舗であること。

    【第10期】,【第13期(感染防止認証店)】・・・・・・・・・・・ 夜21時から翌朝5時まで

    【第11期】,【第12期】,【第13期(感染防止認証店以外)】・・・・夜20時から翌朝5時まで

  

  (2) 要請期間の全ての期間に要請に応じていること。

     ただし、やむを得ない理由がある場合は、以下の期日までに要請に応じていること。

    【第10期】8月5日まで

    【第11期】8月23日まで


  (3) 要請対象施設に関して、営業に必要な許認可を取得していること。


  (4) 【第13期(先渡給付)】では、以下に該当すること。

      ・10月1日から10月14日までの全期間、県の全ての要請に応じていること。

      ・令和3年1月16日以降実施分の協力金(第1期以降)について受給実績があること。

      ・要請期間後の申請を売上高方式で申請する事業者であること。

       (大企業は「売上高方式」を選択できないため、先渡給付の対象外)

      ※先渡給付を申請した場合は、給付要件を満たしたことを確認するため、要請期間終了後に必ず本申請を行ってください。

      ※後日、給付要件を満たしていなかったことが判明した場合、先渡給付額の返還が必要です。


 

6 申請受付期間                                      目次へ

  【第10期】,【第11期】

    令和3年9月13日(月曜日)から11月14日(日曜日)まで ※申請期間が延長されました


  【第12期】

    令和3年10月1日(金曜日)から11月14日(日曜日)まで ※申請期間が延長されました


  【第13期】

    令和3年10月15日(金曜日)から11月14日(日曜日)まで

  


7 申請方法                                        目次へ

  (1) 電子申請

      添付が必要な書類をご準備のうえ、電子申請フォームから申請してください。

      電子申請フォームは、福岡県のホームページでご確認ください。


  (2) 郵送申請

   (ア) 次のいずれかの方法で申請書を入手してください。

       ・県内各所で配布

         商工会議所、商工会、市町村役場、福岡県中小企業振興事務所、福岡県保健福祉環境事務所

         ※田川市役所では、申請書類が届き次第、1階正面玄関入口左側と3階産業振興課で配布予定です。

       ・福岡県のホームページからダウンロード

       【第10期】はこちら

       【第11期】はこちら

       【第12期】はこちら

       【第13期】はこちら

       ・郵送による取り寄せ

       【問い合わせ先】

        福岡県感染拡大防止協力金コールセンター

        (電話番号) 0120-567-918

        (受付時間) 9時から17時まで(平日、土、日、祝日)


   (イ) 申請書を下記の【申請書の送付先】に郵送してください。

       ※レターパックや簡易書留など郵送物の追跡ができる方法で郵送してください。

       ※書類の記入の際は、消せるボールペン・鉛筆・修正ペン等は使用しないでください。

       ※郵送時は封筒などに差出人の住所および申請者名を明記してください。

     ======================================

      【申請書の送付先】

        〒810-8799

        福岡県中央郵便局留

        福岡県感染拡大防止協力金事務局 宛

     ======================================


 

8 申請に必要な書類                                    目次へ

  (1) 申請書

  (2) 誓約書

  (3) 理由書 ※該当する場合のみ

 ★(4) 本人確認書類の写し(運転免許証など) ※個人事業者のみ

 (5) 役員名簿 ※法人のみ

 (6) 通帳の写し

 (7) 店舗の外観全体(社名や店舗名)が分かる写真

      社名や店舗名、飲食スペース等が分かるような店舗の写真の提出が必要です。

  (8) 飲食店営業許可等、営業に必要な許認可を取得していることが分かる書類の写し

  (9) 要請に応じたことを証明する書類の写しまたは写真

      (変更前後の営業時間を確認できるホームページや店頭ポスター、チラシなど)

      ワード 【第10期】営業時間短縮の張り紙(酒類提供あり) 

  (10) 感染防止宣言ステッカー/対象項目チェックリストを掲載している写真 ※【第10期】の該当する場合のみ
  (11) 給付決定通知の写し
     該当する場合は、【第1期】から【第9期】のいずれかを添付してください。

     先渡給付を受給済みの方は、受給している期の決定通知の提出が必須です。

  (12) 賃貸借契約等証明書 ※【第11期】,【第12期】の該当する場合のみ 

  (13) 確定申告書の写し ※税務署の収受印または税理士の証明印が有るもの

     法人:最新の事業年度分(売上高減少額方式を選択する場合は、前年度または前々年度分)

     個人:令和元年または令和2年分


   ※【第1期】から【第9期】のいずれかに申請済みの場合は、省略可能な書類(★の書類)があります。

    詳細は福岡県のホームページでご確認ください。


 

9 お問い合わせ                                      目次へ

   福岡県感染拡大防止協力金コールセンター

   (電話番号) 0120-567-918

   (受付時間) 9時から17時まで(平日、土、日、祝日)


   PDF 飲食店協力金Q&A 別ウィンドウで開きます(PDF:634.6キロバイト)

   PDF 大規模施設協力金Q&A 別ウィンドウで開きます(PDF:191.8キロバイト)

 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:7247)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa