田川市総合トップへ

(期間延長)田川市実践型栽培(パプリカ)施設の使用予定者(第2期研修生)を募集します。

最終更新日:
  • パプリカ
       本市では、石炭産業に代わる基幹産業の構築に向け、平成16 年からパプリカの実証栽培に取り組み、「田川のピュアパプリカ」としてブランド化を図ってきました。
      また、パプリカの生産量拡大、新商品開発等を積極的に進めるため、平成28 年11月29 日に「パプリカの特長を活かした商品群」をテーマに、福岡県内初となる「ふるさと名物応援宣言」を行いました。
      一方で、現在、パプリカの生産者は1 名であり、担い手の育成、生産の拡大に早急に取り組む必要があります。
      また、国では、国際情勢よって影響を受ける農業分野を、国際競争力の強化や成長産業に育成するための改革が進められています。
      海外農産物に対抗できる国産農産物の優位性(品質や鮮度)を活かした新たな農業が求められています。
      このような状況から、本市の地域資源でもある「パプリカ」を、単に栽培するだけでなく、生産技術から流通販売、農業経営など幅広い知識を持った農業者の育成を図り、強い農業を育てることとしています。
      この目的を理解し、参画していただける意欲のある農業者(法人を含む。)を募集します。

 

 

  • 募集期間

  • 令和2年9月1日(火曜日)~令和2年10月30日(金曜日)

     

研修概要

土耕栽培での課題である連作障害に左右されない養液栽培を採用し、「パプリカ」を生産技術から流通販売、農業経営までを事前研修、実践研修の2段階で習得

1 事前研修(栽培管理(座学)、経営販売(座学)、栽培管理(実習)、資材発注)

  • 2 実践研修(令和3年4月~令和5年12月)※栽培技術確立に時間を要するなど必要な場合は、研修期間を1年延長します。

     

  • 募集対象

  • 1 個人の場合

  • ⑴ 施設の使用予定者として決定後(令和2年12月)からの事前研修に参加できること。
    ⑵ 令和3年3月から実践研修地(田川市内(白鳥工業団地 E 区画))で栽培を実践できること。
    ⑶ 原則として、令和2年4月1日現在で、18歳以上55歳未満であること。ただし、未成年者の場合は、親等の法定代理人の同意が必要である。

  • ⑷ 実践研修終了後、田川市内で2年以内にパプリカ栽培を検討すること。
    ⑸ 実践研修のパプリカ栽培に対して必要な経費の負担ができること。
    ⑹ パソコンの一般的な操作のほか、ブログやホームページ等の運営ができること。
    ⑺ 普通自動車運転免許を所持し、運転経験があること。
    ⑻ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)でないこと。
    2 法人の場合
    ⑴ 施設の使用予定者として決定後(令和2年12月)からの事前研修に参加できること。
    ⑵ 令和3年3月から実践研修地(田川市内(白鳥工業団地 E 区画))で栽培を実践できること。
    ⑶ 原則として、令和2年4月1日現在で、18歳以上55歳未満の者を正社員として1人以上雇用していること。
    ⑷ 実践研修終了後、田川市内で2年以内にパプリカ栽培を検討すること。
    ⑸ 実践研修のパプリカ栽培に対して必要な経費の負担ができること。
    ⑹ パソコンの一般的な操作のほか、ブログやホームページ等の運営ができること。
    ⑺ 普通自動車運転免許を所持し、運転経験がある者を正社員として1人以上雇用していること。
    ⑻ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団又は暴力団員と密接な関係を有し、若しくは社会的に非難される関係を有する団体でないこと。

 

募集人数

最大2組(法人を含む。)

 

実践研修場所

田川市伊田2427番地3(白鳥工業団地 E 区画)

研修場所

 

実践型栽培施設概要

 

応募手続き

1 応募受付期間

  令和2年9月1日(火曜日)~令和2年10月30日(金曜日)消印有効

  ※郵送(持参可)で受け付けます。なお、提出した書類は返却しません。

 

2 提出書類

⑴ 田川市実践型栽培施設の使用予定者応募用紙(写真貼付必須)
※参考URLからダウンロードしてください。
⑵ 営農計画書

※参考URLからダウンロードしてください。
⑶ 住民票(3 か月以内に取得したもの)
⑷ 普通自動車運転免許証の写し(表・裏)

 

3 申込み・問合せ先

〒825-8501 福岡県田川市中央町1番1号

田川市建設経済部産業振興課 農業振興係

電話:0947-85-7146(直通)

メールアドレス  nousei@lg.city.tagawa.fukuoka.jp

 

 

審査方法

1 第一次選考(書類選考)

書類選考の上、その結果を令和2年11月中旬までに応募者全員に文書で通知します。

2 第二次選考(面接)

第一次選考合格者を対象に令和2年11月下旬に田川市役所において面接を行います。詳細な日時等については、第一次選考結果通知書に併せて通知します。

※  応募に係る経費(書類申請時送料等)及び面接のために必要とする交通費等については、応募者の負担となります。

3 最終選考結果の報告

最終結果報告は、令和2年12月上旬に文書で通知します。

※ 通知時期は、応募者数によっては、若干ずれる事があります。

 

 

【田川市実践型栽培施設の使用予定者募集要項等】 

 



このページに関する
お問い合わせは
(ID:7076)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa