田川市総合トップへ

【外国人(がいこくじん)の みなさんへ】コロナウイルス(ころなういるす) の病気(びょうき)についての おしらせ 【For Foreign Residents】Information About the Novel Coronavirus (COVID-19)

最終更新日:
 

コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)を 広(ひろ)げないための 福岡県(ふくおかけん)からの 大事(だいじ)な おしらせ Announcement From Fukuoka Prefecture Regarding the Emergency Measures to Prevent the Spread of COVID-19 Infections

 

【5月(がつ)14日(にち)発表(はっぴょう) <緊急(きんきゅう)事態(じたい)宣言(せんげん)の 解除(かいじょ) に伴(ともな)う みなさまへの お願(ねが)い>】

  4月(がつ)7日(にち) 福岡県(ふくおかけん)に 緊急(きんきゅう)事態(じたい)宣言(せんげん)が 出(だ)されてから みなさんに いろんな ことを お願(ねが)いしました。
 みなさんの 協力(きょうりょく)の おかげで 緊急(きんきゅう)事態(じたい)宣言(せんげん)が 解除(かいじょ)されました。しかし これで 終(お)わりでは ありません。コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)が 全(まった)く 無(な)くなったわけでは ありません。みなさん ひとり ひとりの 行動(こうどう)が 今(いま)までよりも もっと これからの 日本(にほん)の 状況(じょうきょう)を 決(き)める ことに なります。
 5月(がつ)15日(にち)から 少(すこ)しずつ お店(みせ)や 施設(しせつ)が  開(ひら)きます。外(そと)にも 出(で)られる ように なりますが みなさんには これからも 次(つぎ)のことを お願(ねが)いします。
【Released on May 14 <Request to the Prefectural Residents Regarding the Lifting of the State of Emergency>】
 Since the state of emergency was declared on April 7, the Fukuoka prefectural government has made various requests, such as refraining from non-essential outings and for businesses to suspend operations, in order to prevent the spread of infection and ensure the medical care provision system.
 We apologize for the inconvenience this has caused during the state of emergency, but because of the understanding and cooperation of many prefectural residents and businesses, the state of emergency could be lifted. We would like to extend our sincere respect and gratitude again to all the medical workers who are struggling on the front lines, as well as to everyone who supports the society in various fields. Even though the state of emergency has been lifted in Fukuoka, this is not the end of the pandemic. While facing the novel coronavirus (COVID-19), there is a need to raise levels of socio-economic activities. This will be a new beginning in order to be able to return to our normal lifestyle. There are examples such as Hokkaido and other countries that have been hit by a second wave of infections. The awareness and behavior of every prefectural resident will be more crucial than ever. You'll need to be fully prepared and take action to protect yourself, your family, those around you, and society.
 For this reason, while businesses and institutions will start to open again from May 15 and we will alleviate the request to refrain from going out, we would like to ask prefectural residents and businesses to take the following measures.
 

 

【5月(がつ)4日(にち)発表(はっぴょう) <県民(けんみん)の みなさまに 5月(がつ)31日(にち)まで お願(ねが)いしたいこと>】

 日本政府(にほんせいふ)は 5月(がつ)7日(にち)から 5月(がつ)31日(にち)までの 間(あいだ) 引き続き(ひきつづき) 日本全体(にほんぜんたい)を 「緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)」の対象(たいしょう)と しました。
 福岡県(ふくおかけん)は 特(とく)に 気(き)を付(つ)けないと いけない県(けん)として 引き続き(ひきつづき) 人(ひと)と 人(ひと)が 会(あ)うのを 減 (へ)らす 必要(ひつよう)が あります。そして これまで みなさんに お願(ねが)いしてきた いろんなことを これからも してもらう 必要(ひつよう)があります。
 福岡県(ふくおかけん)では できるだけ 早(はや)く コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)を 止(と)める ために 5月(がつ)31日(にち)まで みなさんに 次(つぎ)のことを お願(ねが)いします。
【Released on May 4 <Request to the Prefectural Residents From May 7 to 31>】
 The Japanese government has announced to continue the state of emergency from May 2 to 31.
 Special guidelines were set for the 13 "special alert prefectures", including Fukuoka prefecture, to aim for a reduction of social contact by a minimum of 70% and up to 80%. For this reason and considering the opinions of experts and with the aim of ending this situation as soon as possible, the prefectural government will continue to extend the efforts it has implemented until May 31.
 We request the prefectural residents and businesses to do the following below.

 

 

 

【4月(がつ)13日(にち)発表(はっぴょう) <休業協力(きゅうぎょうきょうりょく)の お願(ねが)い>】

 福岡県(ふくおかけん)は 4月(がつ)7日(にち)に 緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)が 出(だ)されてから 県民(けんみん)の みなさんの いのちと 健康(けんこう)を まもるために コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)が 広(ひろ)がらないように みなさんに いろんなことを お願(ねが)いしてきました。
 しかし コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)の 広(ひろ)がりを 止(と)める ためには さらに 人(ひと)と人(ひと)が 会(あ)うのを 減(へ)らす 必要(ひつよう)が あります。
 そして 病気(びょうき)の 広(ひろ)がりを 止(と)める ために 今(いま)が とても 大切(たいせつ)な ときです。 みなさんの 行動(こうどう)が みなさんの 家族(かぞく)や 周(まわ)りの 人(ひと)の いのちを まもり 日本(にほん)を まもることに なります。
 事業者(じぎょうしゃ)のみなさま 県民(けんみん)のみなさまには ご迷惑(めいわく)を おかけします。
 次(つぎ)のとおり 事業者(じぎょうしゃ)の みなさまに お店(みせ)などを 少(すこ)しの間(あいだ) 閉(と)じて 休(やす)むよう お願(ねが)いすることにしました。
【Released on April 13 <Request for Business Closures>】
 After receiving the state of emergency declaration on April 7, the prefectural government's highest priority is to protect the lives and health of prefectural residents and to infections. We have requested for residents to refrain from all but essential travel on the weekends, avoid restaurants at night, and busy streets.
 However, based on the infection rate, there is also a need to decrease gatherings of people on top of the request of refraining from outings.
 Now is a crucial period to stop the spread of the infection as soon as possible and it will involve the lives and health of prefectural residents. Your actions will protect the people around you, your family and Japan too.
 We apologize for the inconvenience to all business operators and residents of the prefecture. However, based on the provisions of Article 24, Paragraph 9 of the Act on Special Measures against Countermeasures against Novel Influenza, etc. as written on the appendix, we would like to ask all of you to cooperate with us regarding the business closures etc.

 

  

 

【4月(がつ)7日(にち)発表(はっぴょう) <県民(けんみん)の みなさまへの お願(ねが)い>】

 福岡県(ふくおかけん)で コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(び ょうき)に かかる 人(ひと)が とても 多(おお)くなり 日本政府(にほんせいふ)は 福岡県(ふくおかけん)に 緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん) を出(だ)しまし た。
 ※『緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)』とは みなさんの 生活(せいかつ)が あぶない ときに 発表(はっぴょう)される 大事(だいじ)な おしらせです。
 福岡県(ふくおかけん)は、 5月(がつ)6日(にち)までの間(あいだ)、 みなさんに 次(つぎ)のことを お願(ねが)いします。
【Released on April 7 <Request to the Prefectural Residents>】
 There has been a rapid increase of cases in the prefecture and there are reports of mass infections in hospitals and such. Because of this situation, as of April 7, Fukuoka prefecture has been subjected to the nation's state of emergency declaration.
 Being subjected to the state of emergency declaration, until May 6, the prefectural government will be implementing emergency measures. We request the prefectural residents to do the following below.

 

 
 

コロナウイルス(ころなういるす) の病気(びょうき) について Regarding the Novel Coronavirus (COVID-19)

 

○ 一般財団法人(いっぱんざいだんほうじん)自治体国際化協会(じちたいこくさいかきょうかい)の ウェブページ(うぇぶぺーじ)に 日本語(にほんご)以外(いがい)の言葉(ことば)と やさしいにほんごの 情報(じょうほう)が あります。
CLAIR provides information about the novel coronavirus in other languages and easy Japanese.

http://www.clair.or.jp/tabunka/portal/info/contents/114517.php

 

○ 福岡県(ふくおかけん)国際交流センター(こくさいこうりゅうせんたー)の ウェブページ(うぇぶぺーじ)に 日本語(にほんご)、英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、 韓国語(かんこくご)の 情報(じょうほう)が あります。トップページ(とっぷぺーじ)の 新着情報(しんちゃくじょうほう)を みてください。
The Fukuoka International Exchange Foundation provides translated information about the novel coronavirus in four languages (Japanese, English, Chinese, and Korean).  Please check "What's new" on the top page.

https://www.kokusaihiroba.or.jp/

 

○ NHK WORLD-JAPANの ウェブページ(うぇぶぺーじ)に 新(あたら)しい 情報(じょうほう)が あります。
NHK WORLD-JAPAN provides the latest news regarding the novel coronavirus.

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/


 

コロナウイルス(ころなういるす) の病気(びょうき)についての 相談(そうだん) Consultation about the novel coronavirus

 

日本語(にほんご)で 相談(そうだん)できるところ Consulting in Japanese

○ 田川(たがわ)保健福祉事務所(ほけんふくし じむしょ)
・相談時間(そうだんじかん):平日(へいじつ) 8時(じ)30分(ふん)から 17時(じ)まで
・電話番号(でんわばんごう):0947-42-9379
Tagawa Health and Welfare Office
・Hours of Operation : Weekdays 8 : 30 - 17 : 00
・Phone : 0947-42-9379

 

○ 福岡県保健所(ふくおかけん ほけんじょ) 夜間休日(やかん きゅうじつ)緊急連絡番号(きんきゅう れんらくばんごう)
・電話番号(でんわばんごう):092-471-0264
Fukuoka Prefectural Public Health Center 

Night&Holiday Emergency Contact Number
・Phone : 092-471-0264

 

外国語(がいこくご)で 相談(そうだん)できるところ Consulting in Foreign Language

○ 福岡県外国人相談センター(ふくおかけん がいこくじん そうだん せんたー)
無料(むりょう)で 相談(そうだん)できます。19の言語(げんご)が 使(つか)えます。
・相談時間(そうだんじかん):10時(じ)から 19時(じ)まで ※12月(がつ)29日(にち)~1月(がつ)3日(にち)を 除(のぞ)く
・電話番号(でんわばんごう):0120-279-906
・メールアドレス(めーるあどれす):fukuoka-maic@kokusaihiroba.or.jp
Fukuoka Asian Medical Support Center
Free of Charge, 19 languages
・Hours of Operation : Every day 10 : 00 - 19 : 00  (Closed from December 29th to January 3rd )
・Phone : 0120-279-906
・Mail : fukuoka-maic@kokusaihiroba.or.jp

 

○ 福岡アジア医療サポートセンター(ふくおか あじあ いりょう さぽーとせんたー)
相談(そうだん)は 無料(むりょう)ですが、電話料金(でんわりょうきん)が かかります。17の言語(げんご)が 使(つか)えます。
・相談時間(そうだんじかん):24時間(じかん)365日(にち)
・電話番号(でんわばんごう):092-286-9595
Multilingual Medical Information Service Call Center
Free of Charge, The Caller is Responsible for Call Charges, 17 languages
・Hours of Operation : 24 hours, 365 days
・Phone : 092-286-9595

 


○ AMDA国際医療情報センター(AMDA こくさい いりょう じょうほう せんたー)
相談(そうだん)は 無料(むりょう)ですが、電話料金(でんわりょうきん)がかかります。
・電話番号(でんわばんごう)1: 03-6233-9266
・相談時間(そうだんじかん):平日(へいじつ) 10時(じ)から17時(じ)まで、土日祝(ど にち しゅく) 10時(じ)から 15時(じ)まで

・対応言語(たいおうげんご):

 月曜日(げつようび) 英語(えいご)、韓国語(かんこくご)、フィリピン語(ふぃりぴんご)
 火曜日(かようび) 英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、タイ語(たいご)
 水曜日(すいようび) 英語(えいご)、スペイン語(すぺいんご)、ベトナム語(べとなむご ※第(だい)2・4のみ)
 木曜日(もくようび) 英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)
 金曜日(きんようび) 英語(えいご)、ポルトガル語(ぽるとがるご)
 土日祝(ど にち しゅく) 英語(えいご)

 

・電話番号(でんわばんごう)2: 090-3359-8324
・相談時間(そうだんじかん):平日(へいじつ) 10時(じ)から 17時(じ)まで 
・対応言語(たいおうげんご):英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)

 

AMDA Medical Information Center
Free of Charge, The Caller is Responsible for Call Charges
・Phone1 : 03-6233-9266
・Hours of Operation : Weekdays 10 : 00 - 17 : 00 , Saturdays, Sundays and public holidays 10 : 00 - 15 : 00

・Language :

 Monday English, Korean, Tagalog
 Tuesday English, Chinese, Thai
 Wednesday English, Spanish, Vietnamese (*Available on the second and fourth of each month only)
 Thursday English, Chinese
 Friday English, Portuguese
 Saturdays, Sundays, and public holidays English

 

・Phone2 :  090-3359-8324

・Hours of Operation : Weekdays 10 : 00 to 17 : 00

・Language : English, Chinese

 

https://www.amdamedicalcenter.com/

 

 

出入国在留管理庁:入管(しゅつにゅうこく ざいりゅう かんりちょう:にゅうかん)からの おしらせ Announcement From the Immigration Services Agency of Japan

 

 入管(にゅうかん)には たくさんの人(ひと)が 集(あつ)まります。コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)が、日本(にほん)で 広(ひろ)がらないようにするために、入管(にゅうかん)に 書類(しょるい)を 出(だ)すときの 特別(とくべつ)な ルールを 作(つく)りました。
 法務省(ほうむしょう)の ウェブページ(うぇぶぺーじ)に 日本語(にほんご)以外(いがい)の言葉(ことば)と やさしいにほんごの 情報(じょうほう)が あります。
 下記の ウェブページ(うぇぶぺーじ)を みてください。
The Immigration Services Agency of Japan implemented measures to reduce congestion at the immigration counters in order to prevent the spread of the coronavirus disease (COVID-19).
 The Ministry of Justice provides information about the measures in other languages and Easy Japanese.
Please check the following website.

 

http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00100.html




 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6757)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa