田川市総合トップへ

田川市浄化槽補助金受領委任払制度

最終更新日:


 

田川市浄化槽補助金受領委任払制度を導入しました!

 

 

1 受領委任払制度とは

 田川市ではこれまで、補助金申請者に限って浄化槽の補助金を支払うこととしていたことから、申請者が一旦、『浄化槽工事費の全額』を
浄化槽工事業者に支払う必要がありました。このため、申請者が前もって『浄化槽工事費の全額』を準備しておかなければならず、
負担が大きいという声が、市へ多く寄せられました。
 こうした住民の方の声に早急に応えるため、これまで申請者しか受け取れなかった浄化槽の補助金について、令和2年1月1日から、
申請者(委任者)と申請者が認めた者(受任者)とがお互いに了承した場合に限り、申請者以外の方でも補助金を受け取ることができる制度として、
「受領委任払制度」を導入しました。
 この制度を活用することで、市から浄化槽工事業者へ直接、補助金を支払うことが可能となるため、申請者は、『浄化槽工事費の全額』から
『補助金額』を差し引いた『差額分』だけを浄化槽工事業者へ支払うことによって、申請者の費用負担を軽減することができるようになります。

 
 

2 受領委任払制度の要件

 (1) 申請者が受領委任払を希望しており、受任者が承諾していること。
   ※ 受任者には浄化槽工事業者や申請者の家族等がなることができます。
 (2) 補助金全額の受領を委任していること。
 (3) 受領委任払の受任者が1名であること。

   以上の要件を満たした上で、以下の手続きを行うことで、受領委任払が行われます。

  

 

3 受領委任払制度の手続き

 (1) 完了検査後、補助金交付請求書において申請者(委任者)と申請者が認めた者(受任者)双方の記名・押印を行い、本市へ提出する。
 (2) 市の職員が申請者(委任者)に対し、受領委任払の意思を確認する。

 

4 受領委任払制度による支払いまでの流れ

 (例) くみ取り便槽から合併処理浄化槽(5人槽)への転換を行った場合。(浄化槽工事費が150万円とした例)

     浄化槽工事費 150万円
     補助金額   103.2万円

 

 【受領委任払制度を活用しない場合の流れ(従来どおり)】
  受領委任払制度導入前
   申請者は、浄化槽工事業者に浄化槽工事費の全額150万円を支払い、市は、申請者に補助金額103.2万円を支払います。

 

 

 【受領委任払制度を活用した場合の流れ】 ※浄化槽工事業者に委任する場合。
  受領委任払制度導入後
   市が浄化槽工事業者に補助金額103.2万円を支払い、申請者は、浄化槽工事業者に浄化槽工事費の全額150万円から補助金額103.2万円を

  差し引いた残額46.8万円を支払うこととなります。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6536)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa