田川市総合トップへ

未熟児養育医療制度

最終更新日:

○未熟児養育医療制度について

 

身体の発達が未熟なまま出生した未熟児に対して、医療の給付を行う制度です。

県が指定する医療機関において、給付を受けることができます。

平成24年度までは、政令市等を除き県(保健福祉事務所)が手続きの窓口となっていましたが、

平成25年4月1日から市町村に窓口が移譲されました。

 

○養育医療の対象者

´出生児体重が2,000g以下の者

´生活力が特に薄弱で、医師が入院による治療を必要と認めた者

 

○養育医療の負担額

入院中の医療費やミルク代を、国・県・市で補助をします。

保護者の所得税の状況により一部自己負担が必要となりますが、

田川市では養育医療の一部負担金を子ども医療で負担しますので、実質的な病院での窓口負担はありません。

 

※ただし、オムツ代などは補助の対象外ですので、退院時病院の窓口でお支払いください。

 

○養育医療申請のご案内

 

○養育医療の申請書等

PDF 1_養育医療意見書 別ウィンドウで開きます(PDF:44.1キロバイト)

    • 養育医療に関するお問い合わせ

        田川市役所 市民課保険係

         0947-85-7140(直通)

          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5795)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa