田川市総合トップへ

母子健康手帳の交付について

最終更新日:

 妊娠おめでとうございます。産婦人科で妊娠の診断を受けたら、なるべく早めに妊娠の届出をして母子健康手帳をもらいましょう。
母子健康手帳は、これからのお母さんの妊娠・出産の経過の記録や産まれた赤ちゃんの健康記録、予防接種の接種証明にもなる大切なものです。
また妊婦健康診査補助券も併せて交付しています。

 
 

交付の流れ

 

 1 保健センター窓口で妊娠届出書を提出(記入)していただきます。

  事前に、診断を受けた医療機関で用紙をもらい、記入してきて頂くとスムーズです。
 2 母子健康手帳をお渡しします。

 3 母子健康手帳や補助券の使い方等についてのご説明の後、保健師や助産師がお話をお伺いします。

 

 
 

届出に必要なもの

 

◆妊婦本人が来所する場合

 ・ 妊娠届出書

 ・ マイナンバーカード(個人番号通知カードは含みません)

 

※マイナンバーカードをお持ちでない場合は、妊娠届出書のほかに以下のものが必要になります。

 ・ 本人確認ができるもの

    運転免許証、パスポート、各種障害者手帳、外国人在留カード等の顔写真付き身分証明の場合はいずれか1点

    健康保険証、年金手帳等の顔写真付きでない身分証明の場合は2点

 ・ 個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票の写し等

   (お手元に個人番号を証明する書類等をお持ちでない場合は、住民基本台帳にて確認することができますのでご相談ください)

 

 

 

◆代理人が届出をすることもできます。

  やむを得ない理由で妊婦本人が来所できない場合は、代理人が届出を行うこともできます。

  その際に、代理人の方へ妊婦さんに関するお話を聞かせて頂きます。また、後日改めて妊婦本人へ保健師及び助産師がお電話をさせていただきますの

 で、必ずご対応くださいますようお願いします。

  代理人が届出を行う場合は、必要なものが異なりますのでご注意ください。

 

  ■法定代理人の場合

  親権者・未成年後見人・成年後見人が来庁される場合は次のものが必要となります。

  •   ・ 妊婦本人の個人番号が分かるもの(マイナンバーカード、個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票の写しなど)、またはその写し
  •   ・ 代理権が確認できるもの 
  •   ・ 代理人の本人確認ができるもの
  •      運転免許証、パスポート、各種障害者手帳、外国人在留カード等の顔写真付き身分証明の場合はいずれか1点

         健康保険証、年金手帳等の顔写真付きでない身分証明の場合は2点

  •  

 ■任意代理人の場合

  法定代理人以外の方(妊婦さんの夫、パートナー、親など)が来庁される場合は次のものが必要となります。

  •   ・ 妊婦本人の個人番号が分かるもの(マイナンバーカード、個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票の写しなど)、またはその写し 
  •   ・ PDF 委任状 別ウィンドウで開きます(PDF:93.7キロバイト)
      ・ 代理人の本人確認ができるもの
  •      運転免許証、パスポート、各種障害者手帳、外国人在留カード等の顔写真付き身分証明の場合はいずれか1点

         健康保険証、年金手帳等の顔写真付きでない身分証明の場合は2点

  •   
 
 
 

受付時間・場所


◆受付時間  

  8時30分~17時00分まで(土・日・休日を除く)

 

◆受付場所  

  田川市保健センター

   田川市大字伊田2550-1(田川市総合体育館横)

   電話:0947-44-8270(直通)

                                      妊婦さん

  

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1977)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa