田川市総合トップへ

田川市小規模修繕契約希望者登録制度の追加受付について

最終更新日:

 田川市が発注する50万円未満の修繕のうち、「内容が軽易で、履行の確保が容易であるもの」については、入札参加有資格者登録を受けていない事業者でも受注することができます。

 受注を希望する事業者は登録が必要となります。

 

 (名簿の閲覧は、こちらをご覧ください。※クリック後、別のページへ移動します。)別ウィンドウで開きます

※この制度は、受注を保証するものではありません。

 

1 小規模修繕契約希望者登録制度について

(1)この制度は、田川市契約事務規則に基づく資格審査(いわゆる入札参加有資格者登録)を受けていない方でも、「内容が軽易で、履行の確保が容易であるもの」の受注・施工を希望する方を登録し、市が発注する修繕において積極的に業者選定の対象とすることにより、市内業者の受注機会の拡大を図り、市内経済の活性化に寄与することを目的としています。

(2)小規模修繕の範囲は、市が発注する小規模な修繕で、その内容が軽易で、かつ履行の確保が容易なもので、1件の契約金額が50万円未満のものです。

(3)原則として、複数の業者での見積合せにより、最低価格を提示した方と契約することになります。
また、見積合せに指名されても、都合により辞退することは自由です。ただし、必ず発注課まで連絡してください。

(4)施工は、田川市契約事務規則、その他関係法令や規則に基づき信義に従い誠実に履行しなければなりません。

(5)なお、いわゆる丸投げ等の一括下請けは禁止されていますので、必ず自ら施工できる範囲の業種(最大3業種)で登録してください。

 

2 登録できる方

田川市内に主たる事業所又は住所を置き、小規模修繕の履行が可能な技術的能力を有している方で、建設業の許可の有無、経営組織、従業員数は問いませんが、「3 登録できない方」に該当する方は除かれます。

 

3 登録できない方

次の各号に該当する方は、登録することができません。

(1)契約を締結する能力を有しない方及び破産者で復権を得ていない方

(2)田川市契約事務規則に基づく競争入札有資格者名簿(建設工事)に登録されている方

(3)希望する業種を履行するために必要な資格、免許を有しない方

(4)田川市税等を滞納している方

(5)会社等に常勤されている方

(6)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団員又は法人であってその役員が暴力団員である者 

 

4 登録申請の方法

登録を希望される方は、登録申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付して提出してください。

(1)住民票(個人)、履歴事項又は現在事項全部証明書(法人)

※住民票(個人)は、世帯一部(本人のみ)・すべて省略のもの

※各種証明書類は、令和2年6月1日以降に発行されたもの

(2)田川市税につき滞納のない証明書

※個人業者は、屋号で課税がある場合も証明書が必要となります。

※各種証明書類は、令和2年6月1日以降に発行されたもの

(3)希望する業種を履行するために必要な※資格、免許等を証明する書類の写し
※法律に定めのある技術者資格など(電気工事、管工事、消防施設工事等)

(4)実務経験証明書
※過去5年度(平成27年4月1日から令和2年3月31日まで)間に一度も登録が無く、今回新たに登録希望をする場合に提出してください。

  また、自己で証明する場合は、契約書・請書・注文書などを添付してください。

(5)工事経歴書

※過去5年度(平成27年4月1日から令和2年3月31日まで)間に一度も登録が無く、今回新たに登録希望をする場合に提出してください。

(6)役員等調書及び照会承諾書

(7)誓約書

(8)同意書

 

5 登録の受付

(1)受付期間:令和2年8月17日(月曜日)から令和2年8月31日(月曜日)まで(土日祝を除く)

(2)受付時間:8時30分~17時

(3)受付場所:総務部財政課契約検査係(市役所庁舎3階)
※郵送での受付はできません。

 

6 登録の有効期間

登録の有効期間は令和2年10月1日から令和3年3月31日の半年間です。

 

7 名簿登録

小規模工事契約希望者名簿は庁内に公開し、小規模修繕の業者選定に活用されます。
また、契約制度の透明性確保のため、閲覧等一般にも公開します。
この名簿に登録されても、小規模修繕の請負を約束するものではありません。

 

8 登録事項の変更等

登録名簿に登載された方で、登録事項に変更があった場合や、事業を廃止した場合は小規模修繕契約希望者登録事項変更・廃止届(様式第2号)を速やかに提出してください。

 

9 登録の取り消し

登録名簿に登載されている方が、次のいずれかに該当した場合は、登録が取り消されますのでご注意ください。

(1)虚偽又は不正な手段により登録を受けた場合

(2)「3 登録できない方」に該当するようになった場合

(3)倒産又は破産した場合

(4)契約に関して談合等の独占禁止法、その他関係法令に違反する行為を行うなど不正又は不誠実な行為があった場合

 

10 契約

契約締結後(発注後)の辞退はできませんのでご注意ください。
現場の施工管理は、必ず代表者又は直接かつ恒常的に雇用されている代理人が行ってください。

 

11 契約の解除

9の登録の取り消し第1号及び第4号の規定に該当することが判明した場合、並びに警察からの通知に基づき、契約者が次の各号の一に該当するときは、契約を解除します。

解除により契約者に損害があっても、市はその損害の賠償の責は負いません

(1)計画的又は常習的に暴力的不法行為等を行い、又は行うおそれがある組織(以下「暴力的組織」という。)であるとき。

(2)役員等(契約者が個人である場合にはその者を、契約者が法人である場合にはその法人の役員(役員として登記又は届出がされていないが、事実上経営に参画している者を含む。以下この条において同じ。)をいう。以下同じ。)が、暴力的組織の構成員(構成員とみなされる場合を含む。以下同じ。以下これらを「構成員等」という。)となっているとき。

(3)構成員等であることを知りながら、構成員等を雇用し、又は使用しているとき。

(4)暴力的組織又は構成員等であることを知りながら、その者と下請契約又は資材、原材料の購入契約等を締結したとき。

(5)自社、自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって、暴力的組織又は構成員等を利用したとき。

(6)暴力的組織又は構成員等に経済上の利益又は便宜を供与したとき。

(7)役員等が、個人の私生活上において、自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的若しくは第三者に損害を与える目的をもって、暴力的組織若しくは構成員等を利用したとき、又は暴力的組織若しくは構成員等に経済上の利益若しくは便宜を供与したとき。

(8)役員等が、暴力的組織又は構成員等と密接な交際を有し、又は社会的に非難される関係を有しているとき。

 

12 請負代金の支払い

施工完了後の検査に合格後(手直しがあった場合はその完了後)、請求書に基づき支払います。
支払いは、請求日から30日以内です。なお、前払金や部分払金はありません。

 

13 小規模修繕の工種一覧

 No.

 工種

 No.

 工種

 No.

 工種

1

 土木工事

5

  管

 9

 塗装

2

建築工事

 ガラス

10

 防水

3

 左官

7

 板金

11

 内装

4

 電気

8

 建具

12

 消防施設

 

14 申請書・証明書等

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:118)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa