田川市総合トップへ

中央校区活性化協議会

最終更新日:

中央校区は、ふれあい夏祭り、ふれあい運動会、ふれあい文化祭、たこ揚げ大会、ゲートボール大会など、学校と地域が一体となった事業を展開しています。

今後、これらの事業をさらに充実させるとともに、福祉面の活動も積極的に推進していきたいと思います。

【事務室】中央中学校 Tel 0947(46)4056

トピックス

 

 

 

 

 

 

 

 

【ふれあい文化祭】

 平成26年10月26日(日)、秋晴れの下、ふれあい文化祭が行われ、油絵、水彩・ペン画、華道、俳句、書道、手芸品の100点を超える作品が出展され、約180名が参加しました。

 広滋会長が「地域の皆さんの協力で、色んな作品を展示することができました。いつも文化祭の前に行っている華道・俳句教室で生徒が素晴らしい花を活け、俳句を詠んでくれました」と話しました。

 参加者からは「どの作品も趣きがあって個性にあふれ、芸術的でした」と話していました。

文化祭1  文化祭2  文化祭3


 

【ふれあい運動会】

 平成26年9月14日(日)、中央中学校グラウンドで中学校運動会午後のプログラムの中でふれあい運動会が行われ、約200名が参加しました。

 始めに祝清治副会長が「今後も学校・家庭・地域とふれあいの場を通じて、連帯感のもと、子どもたちがまっすぐ育つよう見守っていきましょう」と挨拶しました。

 恒例の地区対抗ゲートボール競技では、一発でゲートを通し喜ぶ選手、慎重しすぎてゲートに届かず何度もスティックを打つ選手など、選手・観客が一喜一憂しました。また、炭坑節踊りでは生徒も加わって盛況でした。

 参加者からは「生徒の一生懸命に取り組む姿を見て、私たちも元気をもらいました」と話していました。 

運動会1

運動会2

運動会3

運動会4

 

 

 

【ふれあい夏祭り】

平成26年8月30日(土)、田川小学校グラウンドで校区の一大イベントであるふれあい夏祭りが行われ、約450名が参加しました。

始めに、広滋勝己会長が「昨年は台風で中止となり残念な思いでしたが、今年は天気に恵まれました。今宵の一時を最後まで楽しんでください」と挨拶しました。また、伊藤信勝市長を始め、小林義憲議員、柿田孝子議員などが来賓として駆けつけてくれました。

開始の合図とともに、多くの人たちが新町の一銭焼や栄町のかき氷などの模擬店に行列を作りました。

慶興保育園の園児が可愛らしいダンスを披露し、たがたん応援出演。そして、カラオケでは地域の役者が美声を響かせ、楽団栄町バンドの軽快で迫力ある生演奏に多くの人が歓声を送りました。アンコールの声が上がり、AKB48の恋するフォーチュンクッキーで会場はさらに盛り上がりました。

総踊りは三井伊田の子どもたちの太鼓や口説きに合わせ、参加者が大きな輪になって踊りました。炭坑節ではたがたんも加わり、子どもたちに囲まれて大人気でした。

抽選会では番号が読み上げられると歓声や悲鳴があがり会場の熱気は最高潮に達しました。

参加者からは「やっぱり夏祭りがないと夏の終わりを感じない。今年はとても満足でした」などの声がありました。

さらに、中央中学校放送部がNHK全国中学校放送コンクール「テレビ番組部門」で最優秀賞を獲得した嬉しいニュースも報告されました。

 

夏祭り1

夏祭り2

 

 夏祭り3
 夏祭り4
 夏祭り5
 夏祭り6

 夏祭り7
 夏祭り8



 

【昔のあそび】

平成26年3月7日、田川小学校で昔のあそびが行われ、小学1年生、地域住民及び児童の祖父母の約70人が参加しました。13人の名人が6班に分かれた児童に、「けん玉」、「おはじき」、「お手玉」、「竹とんぼ」、「こま」、「あやとり」を教えました。児童は名人から仕方を教わり、夢中になって遊んで楽しい時間を過ごしました。遊びのあとに児童が感謝をこめて歌を披露しました。さらに、児童から「こまは難しかったけど、教えてもらって嬉しかった」「色んな遊びを教わり、楽しかった」「けん玉で褒められて嬉しかった」「最初はできなかったけど、仕方を教えてもらってできた」などの感想がありました。

終わりに広滋会長が「児童にも名人がいました。みんなで時々昔の遊びをしてください」と話しました。

 おはじき けん玉

お手玉 竹tとんぼ

あやとり こま

【ふれあい文化祭】

平成25年10月27日、中央中学校でふれあい文化祭が行われました。この事業は中央中学校の文化祭の開催に合わせて、地域住民や学校、保護者が交流することを目的に毎年開かれています。

この日は、地域住民や田川小学校、中央中学校の児童生徒が制作した、水彩画や油絵、俳句、生け花など約80点の作品が中央中学校内にある世代間交流教室「三省庵」に展示されました。作品には、力強さや繊細さ、華やかさが満ちあふれており、会場を訪れた生徒や保護者などの心を魅了していました。

また、会場の一角に設置されたスペースでは、保護者や地域住民などが弁当やお菓子をつまみながら談笑し、楽しいふれあいのひとときを過ごしました。

ふれあい文化祭1ふれあい文化祭2

【俳句・華道教室】

平成25年10月17日と25日に学校開放事業の一環として、俳句を作って詠み、花を活けました。俳句教室は小学生の親子や中学生など26人、華道教室は21人が参加しました。両教室の作品は27日のふれあい文化祭で展示されます。

俳句教室1俳句教室2華道教室1華道教室2

【ふれあい運動会】

平成25年9月15日、時折雨が降る中、中央中学校グラウンドで「中央校区ふれあい運動会」が開催され、約400人が参加しました。

 広滋会長が「今年の夏は猛暑が続き、夏休み終盤に台風15号の影響で、校区最大のイベント「ふれあい夏まつり」が残念ながら中止となりました。多くの人が楽しみにしていたと思いますが、本日の運動会で中学生の若さあふれる演技・競技を皆さんで応援し、最後まで楽しんでください。」と挨拶されました。

 ゲートボールリレーは、各地区から選抜され55人がゲートボールのゲート通過で競い合う競技です。結果は1位 三井伊田、2位 栄町、3位 新町、4位 高住町、5位 日の出町・ひかりが丘・中央町・平松町・千代町連合でした。選手の年齢層は幅広く、好プレー、珍プレーもあって、各地区からは大きな声援があがっていました。

そして、最後に来場者と生徒たち全員で炭坑節を踊りました。

運動会1 運動会2

運動会3 運動会4

運動会5 運動会6

運動会7 運動会8

運動会9 運動会10 運動会11 運動会12  運動会13      

【秋季ゲートボール大会】

平成25年9月11日、さわやかな晴天の中、三井伊田ゲートボール場で「秋季ゲートボール大会」が開催され、約30人が参加しました。

今回は、3チームが参加し、優勝 三井伊田、準優勝 新町、第3位 高住町でした。厳しい審判が見守る中、参加者は競技に集中しながらも、笑顔や残念な表情を見せながら楽しい時間を過ごしました。

広滋会長は「ゲートボール人口が減少傾向にある中、参加チームも減っていますが、この大会は参加者にとって楽しい行事の一つです。」と話していました。

 ゲートボール大会1ゲートボール大会2

ゲートボール3ゲートボール4

ゲートボール5ゲートボール6

ゲートボール7ゲートボール8

 

 

【七夕まつりと給食会】

 平成25年7月4日、田川小学校で七夕まつりがありました。

 この催しは、小学1年生と地域住民が触れ合う場として中央校区活性化協議会の発足当時から行われ、今年は1年生35人と地域住民及び児童の祖父母34人が交流を深めました。

 9班に分かれ、児童は大人からリングなどの作り方を教えてもらい、願いを込めた短冊と一緒に2つの笹に飾りつけをしました。短冊には、「自転車に乗れますように」「泳ぎが上手になりますように」「スポーツ選手になれますように」「旅行に行きたい」などの願いが書かれていました。

 児童は真剣な表情で大人の言葉を聞いていました。

 広滋会長は、「子どもたちの願いが叶うといいですね。子どもの笑顔は私たちの宝です」と話しました。

 その後、みんなで「七夕さま」を歌い、一緒に給食を食べました。

 

たなばた1たなばた2


たなばた3たなばた4


たなばた5たなばた6






 

 

 

【山本作兵衛学習会】

 平成25年3月21日(木)18:30から中央中学校図書室で、中央校区活性化協議会

主催の山本作兵衛学習会を開催し、50名の参加がありました。

広滋会長
森山副学長

風景1
 講師に世界記憶遺産登録に多大な貢献をされた福岡県立大学副学長の森山沾一さんを招き、作兵衛さんの人柄や日本初の世界記憶遺産の価値について語ってくれました。

 

 参加者からは、「取り壊された作兵衛さんの家屋を見に行ったことのある人」や「90歳の作兵衛さんに直接会って炭鉱の絵についての話を聞いたことのある人」など、作兵衛さんに係わる思い出話を語ってくれました。

 

 

 森山先生は、作兵衛さんの長年の調査・研究に裏打ちされた実績をもとに、実直な作兵衛さんの人柄をユーモラスに、そして世界記憶遺産の価値では申請までの苦労や文化庁でのやりとり、県立大学の取り組み、今後の展望などについて話してくれました。

 

 参加者は真剣に、時には談笑を交えて森山先生の話に耳を傾け、有意義な時間を過ごしました。

「ゴットン節がきこえる」などのDVDは大変好評でした。

風景3

風景3風景4

【第25回たこ揚げ大会】

たこ揚げ大会  

 

 平成25年1月13日(日)、総合グラウンドで「第25回中央校区たこ揚げ大会」が行われました。

 

 当日は肌寒く曇りの天候でしたが、適度な風が吹く絶好のたこ揚げ日和となり、子どもから大人まで約150人が参加しました。

 

 主催した青少年育成部会 井上部会長が「この大会は子どもから大人までの世代間交流を深めてもらうことが目的ですので、皆さんで力を合わせて楽しくたこを揚げてください。」と話しました。

 

 

たこ揚げ大会2 

 

 

 各公民館長が審査を務め、大空賞、春風賞、デザイン賞、親子賞を選びました。

 各賞に輝いた子どもたちは喜びながら景品を受け取りました。

 

 

 

 

 

【たこ作り教室】

 たこ揚げ大会前日の12日(土)、田川小学校でたこ作り教室が行われました。子どもたちは、先生や保護者、地域の方に作り方を教わりながら、自作のたこ作りに励みました。

 広滋会長は「子どもたちの明るく活き活きとした表情を見ると、私たちも活力をもらいます。」と話していました。

たこづくり教室 たこづくり教室2

 

【ふれあい夏祭り】

 

 平成24年8月25日(土)、連日の猛暑にもかかわらず、適度な風が吹き比較的涼しい中、恒例の中央校区ふれあい夏祭りが田川小学校グラウンドを会場に行われました。

 

出店(松原)     

 会場では、活性化協議会や地区住民が舞台設営、やぐら組み立て、テント張りなどの準備をして、松原(餃子、イカげそ、白玉・きなこ団子各50食)、新町(アメリカンドック150本)、日の出町、中央町、ひかりヶ丘(物品と揚げタコ100パック)、裁判所通り有志(おでんと冷しぜんざい各50食)、新町有志(一銭焼300食)、栄町(かき氷250個)、高住町・千代町・平松町(おもちゃとフランクフルト150本)、三井伊田(くじ引き、飲み物、ヨーヨー200個)、PTA役員(当たり付きポップコーン80個、生ビール)の店が出揃っていました。

 

 

開会宣言及び主催者挨拶

 主催者挨拶(会長)

 午後5時30分、柿木中央中学校PTA会長のアナウンスで、伊藤校区活性化協議会副会長が「ただ今から中央校区ふれあい夏祭りを開催します。皆さん、楽しいひと時をお過ごしください!」と高らかな開会宣言によって夏祭りが始まりました。

 

 主催者を代表して広滋校区活性化協議会会長が、「毎年、地域の皆さんのご協力により、この夏祭りが開催できることを嬉しく、感謝しています。今年は初めてカラオケ大会を試みますので、出場者は大いに歌って盛り上げ、皆さん祭りを楽しんで下さい。」と挨拶されました。

 

 

来賓挨拶

 

 来賓挨拶(市長)
 来賓代表として伊藤市長が、「最近、いじめの問題などがメディアで取り上げられていますが、中央校区で問題があった場合は、家庭、学校、地域が一丸となって取り組み解決していきましょう。」と挨拶し、続いて、尾垣教育長が「8月20日、東京で行われた第29回NHK杯全国中学校放送コンテストで中央中学校3年の篠原真里菜さんがアナウンス部門で最優秀賞(全国1位)、テレビ番組部門で中央中学校が優秀賞(全国2位)した明るい話題が入ってきました。市にとっても中央校区にとってもとても喜ばしいことであり、日頃の皆さんの熱心な教育のおかげです。」と挨拶しました。

 

 来賓挨拶(小林議員)
 また、地元選出の小林議員が「市議会も地域の皆さんと一緒に教育環境の向上に努めていきます。」と挨拶を述べられました。

 

 

~かわいい浴衣姿の保育園児~

 祭りのトップバッターは、慶興保育園の園児31名によるドラエモン音頭、月夜のポンチャラリン、パラタンキッズのダンスが披露されました。園児たちのかわいい浴衣姿と愛くるしいダンスに保護者を始め来場者も笑顔で見つめていました。

慶興保育園1 慶興保育園2  

 

 

 

初めてのカラオケ大会で熱唱!

 次にカラオケ大会の始まりです。各地区からの出演者はプロ顔負けの歌唱力で熱唱していました。途中から、小林議員が軽快でユーモアある司会を務めていました。この頃になると、来場者も400名を超え、各出店も多くの人で賑わっていました。
カラオケ大会高住・千代・平松町1
 

 

 

ど迫力のバンド演奏にノリノリ!

 空が薄暗くなった頃、もりぐちてつじと楽団栄町による生演奏が始まりました。コーヒールンバなど9曲を熱演。舞台前は、あっという間の人だかりで盛り上がりました。本格的な演奏と男女ボーカルの透き通る歌声にみんなが酔いしれ、心躍らせました。

楽団栄町1 楽団栄町2

 

 

 

 

出店も大盛況★

新町有志 

 来場者が500人近くになった頃、新町有志による一銭焼が完売しました。売り上げの一部はPTAに寄附されます。多くの出店ではタオルを頭に巻いた人、大声で宣伝する呼び子、汗だくになって作業する人など、地区の皆さんのもてなしの心溢れる姿がとても魅力的でした。

 広滋会長が、「今日は多くの方が参加してくれています。これも役員さんの連携と地区の皆さんの協力のおかげです。雰囲気がとても良いと感じています。」と顔をほころばせて話してくれました。

 

 

みんながひとつになって…

盆踊り1 盆踊り2
 提灯が会場を明るく照らし、ライトアップされた二本煙突が温かく見守る中、盆踊りが始まりました。最初は、みんな遠慮していましたが、三井伊田の太鼓と役者揃いの各地区の口説きに引き寄せられ、すぐに多くの人でやぐらを囲み、会場いっぱいに声を出しながら踊っていました。輪の中には浴衣姿の踊り手が目立ち、最後はもちろん、炭坑節で締めくくりました。拍手喝采の中、盆踊りを終えました。

 

 

待ちに待った福引抽選会!! そしてフィナーレ

 夏祭りのトリはお待ちかねの福引抽選会です。今年は1等から7等までの景品38点、1等は自転車でした。会場は、抽選券を手に取り、ドキドキしながら自分の番号を見つめ、当選番号に耳を傾けている人で溢れていました。1等の自転車は新町地区の方の手に渡りました。福引抽選会も盛況でした。

 最後に、祝校区活性化協議会副会長が「飲酒運転をしないように。これでふれあい夏祭りを終わります。」と告げて盛大な夏祭りは幕を閉じました。

福引抽選会1 福引抽選会2 福引券受付福引券受付

 

フォトギャラリー

出店(PTA役員) 出店(栄町)

出店(高住・千代・平松町2) 出店(三井伊田1)

楽団栄町3 盆踊り太鼓  

 

 初めてイベントに参加しました。皆さんの柔和な顔を見ると心地よい時間を共有しているんだなと、ちょっぴり羨ましい気持ちになりました。皆さん、お疲れ様でした。(校区担当)

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:103)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa