田川市総合トップへ

ゆめっせフェスタ2019を開催しました!

最終更新日:
 

ゆめっせフェスタ2019「笑って考えよう 家庭のこと、仕事のこと、未来のこと~男の家事が社会を救う!~」

 令和元年6月15日(土曜日)に、田川青少年文化ホールで、田川市・ゆめっせフェスタ実行委員会主催の「ゆめっせフェスタ2019」を開催し、300人が参加しました。

 この「ゆめっせフェスタ」は、男女共同参画推進のための啓発事業で、今年で27回目の開催となりました。

 

 今年は、勇仁太鼓の和太鼓演奏がオープニングを飾り、ジェンダー論の研究者で東京大学大学院教授の瀬地山角さんによる講演会を行いました。

 

★オープニング★

太鼓2   太鼓1 
                             【 勇仁太鼓による和太鼓演奏 】

 

 フェスタのオープニングは、勇仁太鼓が和太鼓演奏を披露しました。
 「勇仁太鼓」は田川市松原3区の山本三司さんが14年前に地元の小学生らと立ち上げた演奏グループです。現在、4歳児から中学生までの11人を中心に、青年層やシニア世代も含む25人余りのメンバーで、祭りやイベント、福祉施設の慰問をしています。
 子どもたちは人前で演奏することで自信をつけ、地域の行事や清掃活動に自発的に取組むなど、地域活動に貢献する子どもが育っています。山本さんは昨年、和太鼓を通した子どもたちとの交流で地域の青少年健全育成に貢献したとして、田川市教育功労者表彰を受賞されています。
 来場者からも「とても迫力があり感動した。」「素晴らしかった。」「楽しくて、上手でよかった。」といった声をいただきました。
 

★講演★ 

講師 

    ▲講師の瀬地山角さん

 

 瀬地山角さんに「笑って考えよう 家庭のこと、仕事のこと、未来のこと~男の家事が社会を救う!~」というテーマで、男女共同参画についてご自身の育児の体験も入れつつ、終始、笑いを取り入れながらわかりやすくお話ししていただきました。「固定的性別役割分担意識(※)」の事例として紹介されたTVのコマーシャルを今まで違和感なく見ていたことに気づかされました。

 来場者からは、「これから生きていくために必要な考えや、今の現状がどうなっているのかということを面白く、分りやすく教えてもらった。」「ユーモアがあって楽しかった。あらためて男女共に助け合って子育てや生活する事に気付かされた。」「今までの固定的な考えを変えられたと思った。女性の就職は男性の命を救い、男性の家事は女性の就労を救うという言葉が心に残った。」といった声をいただきました。

 ※固定的性別役割分担意識・・・「男は仕事」、「女は家庭」というような性別によって役割を決めてしまう考え
 

★おりがみ教室★

 講演会の間、今回も小学生対象のおりがみ教室を開催しました。

おりがみ

 ▲おりがみを真剣に折っている小学生 

 

  

★バザー★

 講演会終了後、加工品、焼き菓子、手作りパンなどのバザーを行いました。また、瀬地山角さんの書籍販売&サイン会も行いました。

バザー   サイン

      ▲バザーの様子           ▲瀬地山角さんのサイン会の様子

  

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6344)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa