炭都田川の隆盛 / 田川市
田川市総合トップへ

炭都田川の隆盛

最終更新日:

 

繁栄を極めた炭都

北部九州を縦貫する母なる河・遠賀川
古来より享受してきた大河の恵み。

その最大の贈り物は流域に埋蔵される豊かな石炭であった。

 

近代日本の発展とともに

筑豊における石炭の発見は、言い伝えによると文明10年(1478)です。石炭は江戸時代には蒸し焼きにした「ガラ」として都市部の燃料とするほか、18世紀には瀬戸内海の塩田地帯で製塩の燃料とされました。

明治時代以降、石炭の需要は急激に高まり、蒸気機関の燃料や製鉄の原料など、自前のエネルギーとして日本の近代化を推し進める原動力となりました。

全国土のわずか0.3%に満たないこの狭隘の地は、やがて国内最大の産炭量を誇る「筑豊炭田」となりました。田川市は石炭産業によって発展した地方都市であり、その歴史はまさに日本の近代史そのものと言えます。
三井田川炭鉱の創業

明治維新後の石炭産業は藩政時代の枠組みから解放されたものの、筑豊では小坑区が乱立し弊害を招いていました。これに対し政府が坑区を拡大した「選定坑区」を実施したため、筑豊には三菱・住友・古河などの大手中央資本が進出。なかでも田川郡の豊富な石炭に高い関心を寄せていたのは、他よりも一歩遅れて筑豊進出を果たした三井鉱山でした。

明治33年(1900)、三井鉱山は田川採炭組から伊田・弓削田等の坑区を買収。同四三年、伊田竪坑二本を開削して規模を拡大、三井田川炭鉱の確固たる基盤を築きました。大正七年(1918)、三井田川鉱業所と改称し、鉱員数1万6438人、職員数571人(大正8年)を擁する筑豊炭田を牽引する大炭鉱となりました。

炭都田川の形成

石炭産業の発達はインフラの整備と人口の集中を促進させました。筑豊最大の炭鉱を擁する田川もまた、炭都としての景観を呈するようになりました。

後藤寺町(旧弓削田村、明治40年町制施行)と三井田川伊田竪坑の操業で発展の軌道にのった伊田町(旧伊田村、大正3年町制施行)が合併、昭和18年11月3日、人口7万3千人を超える炭都「田川市」が誕生しました。

その後、昭和30年には猪位金村を編入合併して人口も10万人を超え、筑豊の中核都市となりました。

花開く文化そして閉山

石炭産業の影響は教育・文化にも及びました。三井田川は、私立学校「三井田川尋常小学校」(現田川小学校)を設立し、特色ある教育を行いました。また、田川へは中央からの先進文化がダイレクトに流入し、炭坑(ヤマ)の文化の母体となりました。しかし、昭和30年代に始まるエネルギー革命の波には抗えず、三井田川鉱業所は昭和39年に閉山、そして昭和45年には、市内からヤマの灯が消えました。

閉山から40年が過ぎ、かつての炭都の面影は失われつつあります。しかし、石炭が育んだ数々の遺産は、まちのあらゆる場所に今も息づいています。

 

 

炭坑(ヤマ)の語り部

田川市石炭・歴史博物館では、炭坑(ヤマ)の実情を後世に残すため、平成20年4月から「炭坑(ヤマ)の語り部事業」を実施しています。
ホームページでは、この映像化された語り部の話の一部を公開しています。

詳細はこちらをご覧下さい。⇒「炭坑(ヤマ)の語り部

 

写真 写真

年表

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:51)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa