田川市総合トップへ

重度脳性まひ児と家族への補償制度

最終更新日:
 

重度脳性まひ児と家族への補償制度(産科医療補償制度)

 

産科医療補償制度とは

 分娩に関連して発症した重度脳性まひの子どもとその家族の経済的負担を速やかに補償し、原因分析等を行い適切な情報を提供することで早期解決や産科医療の質の向上を図る事を目的とした制度です。

 

補償の対象

 次の基準をすべて満たす場合  

(1)2014年12月31日までに出生した子の場合

1 在胎週数33週以上で出生体重2,000g以上、または在胎週数28週以上で所定の要件
2 先天性や新生児期の要因によらない脳性まひ
3 身体障害者手帳1級または2級相当の脳性まひ

  

(2)2015年1月1日以降に出生した子の場合

 1 在胎週数32週以上で出生体重1,400g以上、または在胎週数28週以上で所定の要件
 2 先天性や新生児期の要因によらない脳性まひ
 3 身体障害者手帳1級または2級相当の脳性まひ

 

(注意事項)

※先天性や新生児期の要因に該当する疾患等が重度の運動障害の主な原因であることが明らかでない場合は補償の対象外となります。

※補償対象の認定は、専用の診断書および診断基準により行います。身体障害者手帳の認定基準で認定するものではありません。

※生後6ヶ月未満で亡くなった場合は対象外となります。

※上記(1)と(2)では「所定の要件」が異なりますので、詳しくはお尋ねください。

 

補償内容

 補償金は一時金と分割金あわせて総額3,000万円

 

申請期間

 対象となる子の満1歳の誕生日から満5歳の誕生日まで
 

情報提供・再発防止

 対象となる子の医学的な情報を関係機関等に提供し、原因分析、再発防止を図ります。

(1)医学的観点から原因分析を行い、報告書を保護者と分娩機関へ送付します。

(2)原因分析された複数の事例をもとに、再発防止に関する報告書などを作成し、分娩機関や関係学会、行政機関等に提供します。
 

問合せ先

 産科医療補償制度専用コールセンター 0120-330-637

 産科医療補償制度ホームページ 別ウィンドウで開きます(外部リンク)http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/

  ※この補償制度は市の制度ではありません。お問い合わせは産科医療補償制度専用コールセンターへお願いします。


 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:4349)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa