田川市総合トップへ

田川市水道事業中期経営計画

最終更新日:

 

本市の水道事情

水道事業は、利用者に安全な水を安定的に供給するため、増え続ける水需要に対応して、これまでさまざまな取り組みを行ってきました。その結果、今では蛇口から直接飲むことのできる「水道」として産業経済活動を支え、生活に欠かすことのできないライフラインとなりました。

しかし、近年の節水型社会の進展や経済不況の影響により水需要の伸びは鈍くなり、今後、大幅な増加も見込むことができない状況です。さらに「おいしい水の供給」や「環境への配慮」など、水道事業を進めていく上で検討しなければならない事項はますます多様化、高度化しています。

このような中、本市の水道普及率はおおむね100%となり、成熟期を迎えています。そのため、建設投資の内容も新規拡張から既存施設の改良へと移行し、まさに維持管理の時代を迎えている状況にあります。

今後は、こういった時代や環境の変化などから生じた重要課題に的確に対応し、さらなる管理の効率化やコスト縮減、事業の広域化を進めていかなければなりません。そのためにも、持続可能な事業運営に努め、利用者からの信頼を保持しながら安定的な水供給サービスを行うことができるように、事業経営計画を策定し、経営の安定化を推進していきます。

 

本市が抱える主な重要課題

(1) 人口減少や節水型社会の影響により給水需要が低減し、給水収益の持続的増加が期待できない

(2) 既存施設の経年劣化による更新改良、水質基準の厳格化などの収益増加につながらない経費の増大

(3) 民間活力の導入などの施設運営体制の検討

 

 

事業運営の主要施策

田川市第5次総合計画の趣旨に基づき、次の3つの重点項目について対策を実施します。

(1) 漏水防止対策

水道管が老朽化し、多くの水道水が漏水により失われています。このことは、本市に限らず全国的な課題です。現在も水道局職員により漏水調査を行っていますが、さらに拡大し、民間業者による調査を行っていきます。

また、正確な漏水量を把握するため、水道施設ごとに配置している流量計の点検や新設を行います。

(2) 民間委託の推進

本市の水道水は、市内2か所の浄水場と田川地区水道企業団の浄水場でつくられています。

現在、市内2か所の浄水場は、水道局職員により運転・管理が行われています。この運転管理業務について、平成30年度を目途に民間委託化の方向で検討します。

(3) 設備更新計画

現在稼働中の浄水場や配水池などの施設や水道管施設は、多くが水道事業創設・拡張期の昭和40年代以前に整備されたものです。

これらの施設の中には、老朽化により簡単な修繕では機能が復旧できないものもあります。そのため、今後も継続して、水道管の布設替えや施設の改良などの対策を行います。

 


これからの水道事業

重点項目以外にも、災害などの危機管理対策や未収金対策、田川地域広域的水道整備計画の推進など、さまざまな課題があります。これらについても継続して効率的な実施や見直しなどの対策を行い、健全な事業運営を目指します。

また、前述した設備更新については、老朽化による更新対象施設が多く、実際の更新改良が間に合っていません。このことも本市だけでなく、全国的に多くの自治体が抱えている問題のひとつです。

現在の更新改良は、国の補助事業である設備の耐震化にあわせて実施していますが、これからも多くの費用が必要です。この財源については、引き続き国などに補助事業拡充を要望していき、安易に水道料金の値上げとならないよう努力していきます。

 

 

田川市水道事業中期経営計画

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3694)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa