田川市総合トップへ

家族や周囲の皆様へ(統合失調症)

最終更新日:

 

 治療の中心は本人と家族です。しかし精神科の病気は目に見えませんから、家族や周囲の方にとってはなかなか理解しにくいものです。
 家族は「わからない」、本人は「わかってもらえない」というストレスを抱えることになりがちです。


 病気についての理解が進むと、そうしたお互いのストレスが減ります。また、治療にどういう仕方で協力すればよいかがわかると、そのことが病状や経過によい影響を与えます。

 

 本人・家族・医療関係者がみんなで医療チームを組み、統合失調症という病気に立ち向かえるのが理想です。

 家族や周囲の方には、次の4点について、ご協力をお願いいたします。

 

 

◎病気とそのつらさを理解する

  患者さんがどんなことを苦しく感じるのか、日常生活で怠けやだらしなさと見えるものが実は病気の症状であること、を理解してもらえることは、患者さんにとってはこころ強いことです。
  「気持ちがたるんでいるから病気になるんだ」といわれて理解してもらえないことは、患者さんにとってはつらいことです。

  •  
  •  

    ◎医療チームの一員になる

      家族のもつ大きな力を治療において発揮していただければ、回復もそれだけ促進されます。
    すぐにできることとしては、診察に同伴して家庭での様子を主治医に伝える、薬ののみ忘れがないように気を配る、などがあります。
      医師から処方された薬について、「薬を続けるとクセになってよくない」などというと、患者さんをとても迷わせてしまいます。
  •  
  •  

    ◎接し方を少し工夫する

      患者さんは、対人関係に敏感になっており、そこからのストレスが再発の引き金のひとつとなる場合があります。
      特に患者さんが苦手なのは、身近な人から「批判的ないい方をされる」「非難がましくいわれる」、あるいは「オロオロと心配されすぎる」ことです(強すぎる感情表出)。
      小さなことでも患者さんのよい面を見つけ、それを認めていることを言葉で表現する、困ったことについては、原因を探すのはひとまず脇に置いて、具体的な解決策を一緒に考える、という接し方が理想的です。
      薬についてだけでなく、こうしたコミュニケーションにおいても、家族のもつ力が回復を促すことになります。
  •  
  •  

    ◎自分自身を大切にする

      「親の育て方が悪かったから、こんな病気になった」と、自分を責めるご両親がいます。
      しかし、これは医学的な事実ではありません。育て方のせいで、統合失調症を発症することはありません。
      また「自分の生活をすべて犠牲にしても、治療にささげなければならない」と、献身的にがんばる方もいます。しかし、こうした努力を長続きさせるのは難しいことです。
      患者さん自身にしても、周囲の方が自分を犠牲にするほどの献身をすると、かえって心理的な負担を感じてしまいます。

     

      

     

     

     ☆統合失調症トップ

     ☆症状

     ☆病状の経過 
     ☆統合失調症について詳しく知りたい方は

                  ↓ 

       厚生労働省バナー

     

     

    (このページは厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト|統合失調症」より転載しました。)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2975)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa