田川市総合トップへ

保育の必要性の認定(支給認定)について

最終更新日:

 

 

保育の必要性の認定について

保育所を利用する場合は、就労・病気などにより保育が必要であるという保育の必要性の認定(支給認定)を受ける必要があります。

支給認定は、保護者のいずれもが「保育を必要とする事由」に該当する場合に認定されます。 

 

☆保育を必要とする事由

・就労(1ヶ月48時間以上労働することを常態としていること)

・妊娠・出産(妊娠中又は出産後間がないこと)

・保護者の疾病・負傷・障がい(疾病や負傷又は精神や身体に障がいがあること)

・同居親族の常時介護・看護(長期入院等している親族の常時介護、看護を含む)

・災害復旧(震災、風水害、火災その他の災害復旧にあたっていること)

・求職活動(起業準備を含む)

・就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)

・児童虐待、DVの恐れがあり、保育を行うことが困難と認められる場合

・育児休業取得中の継続保育利用

・その他市町村が認める場合

 

 

「保育の必要性」と「有効期間」について

「保育を必要とする事由」や保護者の状況等に応じて、「保育を利用できる時間(保育必要量)」と「保育を利用できる期間(有効期間)」が決められます。

 

保育必要量は、以下の2つに区分されます。

 

・「保育標準時間」認定

 フルタイム就労などが対象。施設や事業者の開所時間(延長保育開所時間を除く。)の範囲内で、1日最大11時間までの保育を利用できます。

 

・「保育短時間」認定

 パートタイム就労などが対象。各施設や事業者が設定する保育短時間の受入時間帯(8時間)の範囲内で、1日最大8時間までの保育を利用できます。

 

保育を必要とする事由

保育必要量

有効期間

(1日)

短時間

標準時間

2号認定

3号認定

就労

小学校就学前まで

満3歳まで

※月120時間未満

※月120時間以上

妊娠・出産

出産後8週間が経過する日の翌日が
属する月の末日まで

保護者の疾病・障がい

原則○

小学校就学前まで

満3歳まで

同居親族の介護

小学校就学前まで

満3歳まで

※月120時間未満

※月120時間以上

災害復旧

小学校就学前まで

満3歳まで

求職活動

原則○

原則として90日を経過する日が
属する月の末日まで

就学または職業訓練

卒業予定日または修了予定日が
属する月の末日まで

※月120時間未満

※月120時間以上

虐待やDVのおそれが
あること

小学校就学前まで

満3歳まで

育児休業取得中の
継続保育利用

原則○

原則生まれた子が満1歳に達する日の

属する月の末日まで

※月120時間未満の場合でも、常態(月10日以上)として、当該事由に要する時間(通勤時間等も含む)が施設等の設定する保育短時間の受入時間帯(8時間)を超える場合は、「保育標準時間」認定することもあります。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2840)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa