田川市総合トップへ

あすなろ猫 不妊・去勢支援事業の案内

最終更新日:

 


あすなろ猫 不妊・去勢支援事業

(公社)福岡県獣医師会小動物部会筑豊地区部会は殺処分される不幸な猫を減らすため、また飼い主のいない猫との共生を目指す地域猫活動を支援するため、飼い主のいない猫に対し、不妊・去勢手術の支援事業を実施します。


*あすなろ猫とは
(公社)福岡県獣医師会では、「まだ地域猫の条件は満たさないが、一定の地域に住み着いてエサを与えられている猫で、将来地域猫に昇格するために、不妊・去勢手術を施されマーキングされた猫」を「あすなろ猫」と定義します。

*地域猫とは
飼い主がいない猫で、猫が住み着く地域住民の複数によって協力し合い、世話・管理されている猫のこと。猫の世話をする住民同士が協力し合って、特定の決められた場所で定期的に猫のエサや水やり、フンなどの排泄物の処理、周辺環境の清掃を行います。また、お金を出し合って猫が繁殖して増えないように不妊・去勢手術を受けさせ、手術した猫には身体の特定箇所に目印をつけています。地域猫として、ルールを決め、協力し合い、みんなで見守りながらかわいがられている猫のことです。

 

1.支援の内容(手術費用)

メス1頭につき10,800円、オス1頭につき5,400円で手術を行います。

※手術済み目印の耳先カット費用を含みます。

 

2.手術対象の要件

(1)受けさせようとする方(申込者)が筑豊地区に住所を有すること。
(2)筑豊地区に生息する特定の飼い主がいない猫(外観上健康な生後4ヶ月以上の猫)
(3)申込者が猫を捕まえ、動物病院に連れて行き、手術後は元の場所に戻すことができること。
(4)申込者が手術を行った猫に手術済みであることが外見から見て判断できる措置である耳先カットの実施に同意すること。
*耳先カットとは(オスは右側、メスは左側)
手術した猫を間違って捕獲しないための印です。耳の先端8~9mm幅でV字にカットします。地域住民に手術済みである証明となり、地域猫活動などについて理解を得られやすくなります。

 

3.申込方法

(1)飼い主のいない猫を保護し、手術を受けさせようとする方は、窓口動物病院(下記参照)にお申込みください。このときお申込みされる方の住所が確認できるもの(免許書、各種保健所、住民票など)をお持ちください。
(2)申込内容の確認後、手術が決定したら、指定された手術予定病院へ直接連絡のうえ、日時、方法、注意点などを確認し、申込書、同意書を持参のうえ手術を受けさせて下さい。

 

4.申込期間

ねこ

平成29年12月31日まで

ただし、申込頭数が50頭(上限)になり次第、受付を終了します。

  •  

 

5.窓口動物病院・手術協力動物病院(申込先、問い合せ先)

○窓口動物病院

済城動物病院

田川市千代町1616-1

0947-46-1122



○手術協力動物病院

たがわ動物クリニック

田川市糒宮の下699

0947-44-8600

白木原動物病院

田川郡川崎町池尻481

0947-42-1006

済城動物病院

田川市千代町1616-1

0947-46-1122

ひらいし動物病院

田川郡香春町高野1138-2

0947-32-7007

ASAP動物病院

田川分院

田川市川宮510-1

0947-85-8552

 


 

  •  
  •  
このページに関する
お問い合わせは
(ID:2115)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa