田川市総合トップへ

固定資産税とは

最終更新日:

 

固定資産税の概要

固定資産税は、土地、家屋(住宅・店舗等)、償却資産(事業に供することができる機械・装置など)の価格に応じ、毎年1月1日現在の所有者に対して課税される税金です。

○賦課期日

毎年1月1日

○納税義務者

(土地)
土地登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人 

(家屋)
建物登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人 

(償却資産)
償却資産課税台帳に所有者として登録されている人 

  • 所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合などには、賦課期日現在で、その土地、家屋を現に所有している人(相続人)が納税義務者となります。
  • 賦課期日後に所有者が売買などにより変わっても、その年の納税義務者は賦課期日現在の所有者となります。

○課税対象資産

土地・家屋・償却資産

○評価額

総務大臣が定めた「固定資産評価基準」に基づきそれぞれの資産を評価します。

○課税標準額

原則として、固定資産課税台帳に登録された価格が課税標準額となります。しかし、住宅用地のように課税標準の特例措置が適用される場合や、土地について税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は価格よりも低く算定されます。

○税率

1.5%(1.5/100)

○税額の計算方法

税額=課税標準額×税率(1.5%)

○免税点

田川市内で同一の人が所有する土地・家屋・償却資産のそれぞれの課税標準額の合計が、次の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。

土地:30万円、家屋:20万円、償却資産:150万円

○納期

年4回に分かれています。(詳しくは「市税などの納期」をご覧ください。)

 

固定資産の評価について

固定資産の評価は総務大臣が定めた「固定資産評価基準」に基づいて行われ、市長がその価格を決定し、この価格を基に課税標準額を算定します。

このようにして決定された土地や家屋の価格や課税標準額等の事項は、「固定資産課税台帳」に登録され、関係者が確認することができます。

1.固定資産の価格について

(1)土地と家屋の価格について

土地と家屋については、原則として基準年度(3年に一度)に評価替えを行い、賦課期日(1月1日)現在の価格を固定資産課税台帳に登録し、第二年度及び第三年度は、新たな評価を行わず、基準年度の価格をそのまま据え置きます。

しかし、以下のような場合は、新たに評価を行い価格を決定します。

  • 新たに固定資産税の課税対象となった土地又は家屋。
  • 土地の地目変換、家屋の増改築などにより基準年度の価格によることが適当でない土地又は家屋。
  • 地価の下落があり、価格を据え置くことが適当でない地域の土地。

(2) 償却資産の価格について

償却資産の所有者に、毎年1月1日現在の償却資産の状況を、1月31日までに申告していただきます。この申告に基づき、毎年評価し、その価格を決定します。

2.土地・家屋価格等縦覧帳簿の縦覧

納税者が、他の土地や家屋の価格との比較を通じて自己の土地や家屋の評価が適正かどうかを判断できるようにするため、土地の価格等を記載した「土地価格等縦覧帳簿」、家屋の価格等を記載した「家屋価格等縦覧帳簿」を見ることができます。(土地の納税者は「土地価格等縦覧帳簿」を、家屋の納税者は「家屋価格等縦覧帳簿」を見ることができます。)

縦覧期間は、「毎年4月1日から、4月20日又はその年度の最初の納期限の日のいずれか遅い日までの間」です。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1910)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa