田川市総合トップへ

市営住宅入居者募集・市営住宅申込要領

最終更新日:

 

 募集内容

1.申込み

今回の空家の募集は今後発生が予想される空家の入居候補者を、あらかじめ順位をつけて登録しておく「空家待ち」といわれるもので、登録されてもすぐに入居できるというものではありません。

登録された方は、空家ができますと、抽選順位にしたがって住宅のあっせんを行います。(抽選順位につきましては、(一財)田川市住宅管理公社が行う公開抽選の結果により決定されます。)
申込みをされた方には、後日抽選番号票を郵送しますので大切に保管されて下さい。

また、災害等により緊急的に住宅の確保を必要とする入居希望者が別に生じた場合、あっせん順位を変更させていただくことがありますので、ご了承ください。

2.抽選

(一財)田川市住宅管理公社が田川市建築住宅課職員立会いのもと、抽選を行います。(抽選会への出欠の有無は抽選結果に影響しませんので、抽選会に出席できなくても結構です。)
また、抽選につきましては公開していますので、観覧を希望される方はご来場下さい。
なお、抽選機の操作は、田川市建築住宅課長が選任した(一財)田川市住宅管理公社職員が行いますので、申込者は抽選機の操作を行うことはできません。

3.抽選方法

抽選につきましては、(一財)田川市住宅管理公社職員が、申込者の希望団地ごとに抽選を行い、抽出された抽選番号票の抽選番号により、抽選順位を決定します。

 

【抽選例】
○○○団地 申込者9人で抽選を行う場合、下記のとおり抽選機より抽出された抽選番号により抽選順位を決定します。

(抽選機より抽出された結果抽選例)

 抽選順位

 抽選番号

 補欠1番

 5番

 補欠2番

 7番

 補欠3番

  1番

 補欠9番

 3番

4.抽選結果について

抽選結果につきましては、抽選日の翌日以降に申込者全員にハガキにてお知らせ致します。(電話での問い合わせには一切お答えできません。)
また、(一財)田川市住宅管理公社の窓口及びホームページ(http://www.jkk.ecnet.jp/)にて公開致します。

 

 申込資格

市営住宅に申込みをされる方は、次の1から10の条件を満たしていなければ申込みはできません。

1.入居申込者が成人(20歳未満の既婚者を含む)の方

ただし、以下の場合は失格となります。

(ア)夫婦の別居、父母の別離など、不自然に世帯を分離した方や、他に扶養すべき人のいる親族との同居など、特に同居する理由のない親族との申込み

(イ)離婚予定の方は、入居決定日までに離婚を証明する戸籍謄本または離婚受理証明書の提出がないとき

(ウ)内縁関係の方は、住民票で確認ができないとき

(エ)婚約中の方は、入居決定の日から3ヶ月以内に婚姻を証明する住民票または婚姻受理証明書の提出がないとき

(オ)単身申込みの方は、身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とするとき

2.収入基準を満たす方

※公営住宅法等の改正(平成24年4月1日施行)に伴い、入居収入基準等が変わりました。

同居しようとする家族(婚約者も含む)の収入を含め、諸控除後の月収が次の金額であることが必要です。

市営住宅(公営住宅、改良住宅)では、入居できる収入基準月収額が定められています。

〈公営住宅の収入基準〉

 一般世帯の場合   月収額158,000円以下であること   原則階層世帯
 高齢者・障害者世帯等の場合   月収額214,000円以下であること  裁量階層世帯(※)

 〈改良住宅の収入基準〉

 一般、高齢者・障害者世帯等の場合   月収額158,000円以下であること

※詳しくは、【収入基準早見表】を参照してください。

 

※裁量階層世帯とは

(ア)60歳以上の方若しくは昭和31年4月1日以前に生まれた方
または60歳以上の方若しくは昭和31年4月1日以前に生まれた方及び18歳未満の方からなる世帯

(イ)身体障害者(身体障害者手帳1~4級)の方のいる世帯

(ウ)戦傷病者手帳の交付を受けている方(恩給法別表の特別項症~第6項症及び第1款症)のいる世帯

(エ)被爆者健康手帳の交付を受けている方で、かつ被爆の影響で医療の給付を受けていることを厚生労働大臣から認定された方のいる世帯

(オ)海外からの引揚者(厚生労働大臣が証明した方)で本邦に引き揚げた日から起算して5年を経過していない方のいる世帯

(カ)精神障害者(精神障害者保健福祉手帳1,2級程度)の方のいる世帯

(キ)知的障害者(療育手帳重度又は中度程度(療育手帳のBの軽度は除く))の方のいる世帯

(ク)ハンセン病療養所入所者等

(ケ)子育て世帯(中学生以下の子どもがいる世帯) ※入居決定時を基準

(コ)新婚世帯(申込者及びその配偶者(事実婚を含む。)の婚姻の届出の日(事実婚の場合は、住民票の続柄に「未届の夫」または「未届の妻」と記載された日)における年齢の合計が80歳以下であり、かつ、当該日から3年以内の世帯)。

3.現在、住宅に困っている方

原則として、持家の方や公営住宅(県営、市営、町営、村営)の入居者(名義人)の方は、申込みできません。詳しくは、入居申込み時にお問い合わせください。

4.過去に市営住宅において、不正使用(迷惑行為・家賃滞納等)をしたことがない方

5.市税その他市に対する納入金に滞納がない方

6.独自の生計を営み、家賃及び家賃3ヶ月分の敷金を支払うことができる方

7.共同生活を円満にすることができる方

   団地内で犬や猫などの動物を飼うことはできません。

8.入居に際しては、連帯保証人(1名)が必要となります

   連帯保証人は、独自の生計を営み、申込者と同程度以上の収入(年金生活者及び生活保護受給者は除く)がある方をお願いしています。

9.外国人については外国人登録を行っている方

10.申込者又は同居親族が「暴力団員による不正な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員(以下、暴力団員)」でないこと

 

 

 申込みの無効・失格

次のような場合、申込受付・抽選結果を無効又は失格とします。

  1. 申込書に不正の記載があったとき
  2. 希望団地などの必要事項が記載されてないとき
  3. 申込資格がないとき
  4. 重複申込みをしたとき
  5. 提出が必要な書類(不備書類)を申込期限までに提出されないとき
  6. 申込み後の同居親族の変更(出生、死亡の場合を除く)は認めません
  7. 申込者又は同居親族が暴力団員であると判明したとき

 

 

 住宅の家賃

公営住宅の家賃については、入居者の収入状況、住宅の床面積、利便性等により各入居者の家賃が決定されます。

また、改良住宅の家賃については、建設年度、床面積等により入居する住宅の家賃が定められています。

 

 

 優遇措置の対象について

2回以上連続して定期募集による抽選を受けても、市営住宅に入居出来ない方は、2つの抽選番号(連続番号)を割り当てます。抽選結果のうち、上位の番号があっせん順位です。

ただし、住宅のあっせんを受けたにもかかわらず、入居を辞退された方については、対象とはなりません。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1826)
田川市役所
〒825-8501  福岡県田川市中央町1番1号   Tel:0947-44-2000(代)   Fax:0947-46-0124  
【開庁時間】 午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
※毎週木曜日は市民課窓口(各種証明書発行)のみ午後7時まで時間延長
Copyright (C) City of Tagawa

田川市役所

〒825-8501
福岡県田川市中央町1番1号
Tel:0947-44-2000(代)
Copyright (C) City of Tagawa