総合トップへ
ホーム  >  伝統・芸能  >  岩戸神楽(いわとかぐら)

伝統・芸能

岩戸神楽(いわとかぐら)

最終更新日 [2016年6月21日]  

 

 春日神社に伝わる神楽。人間が用意したまつりの座に神が姿を現し、人々と膳をともにし、楽しむという神降りの芸能で、江戸時代には、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や雨乞いの祈祷(きとう)として、明治から昭和にかけての石炭産業隆盛期には、産業の発展や安全祈願に盛んに舞われていたものです。春日神社岩戸神楽保存会によって、5月の神幸祭、8月の夏越祭(なごしさい)、10月の神待祭(かんまちさい)に奉納されています。

【福岡県指定無形民俗文化財】

 

   写真

この情報に関するお問い合わせは
たがわ魅力向上課
電話:0947-44-2000(内線315・316・317)
ファックス:0947-46-0124
メール miryoku@lg.city.tagawa.fukuoka.jp 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで)
 ホーム